スポンサーリンク

S-エネチャージのスズキがついに ハイブリッド宣言NEWソリオ全身進化!

標準系ソリオ&アグレッシブ系ソリオバンディットの2つの顔で登場!
新プラットフォーム&新エンジン採用! 燃費は27.8km/L!
主要構造や部品のレイアウトを全面刷新した新開発プラットフォームを採用!
エンジンも新開発の1.2L直4、K12C型デュアルジェットエンジンを搭載!

コンパクトカーの中でも小さめのボディーサイズでありながら、室内が広くて使い勝手が良いと評判のソリオがフルモデルチェンジワゴンRワイドとして誕生してから数えて4代目の新型へと生まれ変わった。新型ソリオは、外見上すごく変わったというほどじゃない。つまりキープコンセプトなのだが、エンジンからプラットフォームまで中身を一新したのが最大の注目だ。スズキの小型車では新世代モデルの第1弾になり、それだけソリオは今やスズキにとって重要なモデルになっている。

というのも、コンパクトカーでも人気車のアクアやフィットなどのボディサイズは全幅で1695ミリと5ナンバーサイズいっぱいまで拡大。そんな中、ソリオはフィットクラスのコンパクトカーよりもひとまわり小さいボディーに広い室内空間&後席両側スライドドアという独自のパッケージは好評。この他車にはないポジショニングが受けていて、販売面でもスイフトと並ぶ小型車の2本柱の1つになっているのだ

●先代の魅力を継承しつつ、使い勝手の良さをアップ
新型ソリオでは先代の魅力であるコンパクトなボディサイズをほぼキープしながら、室内空間をより広くしているのがポイントの1つ。ボディサイズは先代モデル比で、全長は同じ、全幅はプラス5ミリ、全高はマイナス20ミリとほとんど変えずに、ホイールベースを2480ミリにしてプラス30ミリ延長。室内空間は先代モデルより、室内長でプラス400ミリ、前後乗員間距離プラス25ミリ、それぞれ拡大。居住性が大きくアップしている。さらに室内では使い勝手が向上している点も見逃せない。

運転席のシートリフターとチルトステアリングの調整量の幅を広げたことで、より適したドライビングポジションを実現。1部グレードには、荷室側からもリヤシートのスライド操作ができるように、リアシートの背もたれ上部に操作レバーを採用。それぞれ利便性がアップした。また後席両側スライドドア開口幅を従来よりも60ミリ広げるとともに5ミリステップ高を下げたことで乗降性も向上。バックドア開口部地上高も25ミリ下げて、荷物の積み下ろしをしやすくしている。

●新開発プラットフォーム&パワーユニットで燃費向上
全てを一新した今回のモデルチェンジで1番の肝となるのが、軽量化と新型パワーユニット搭載による燃費性能の向上と力強い走りの両立だ。そのためにまず採用されたのが、軽さと高剛性を併せ持つ新開発プラットフォーム。これは今後、国内や海外Aセグメントの小型乗用車にも使われていくことになる。それに、燃費と走りを追求した新開発のK12C型、1.2L直4デュアルジェットエンジン(91ps/12.0kgm)の搭載だ。さらに、車両全般の徹底した軽量化によって、先代モデルよりマイナス100kgもの軽量化を達成。加えてマイルドハイブリッドの採用により2WD車ではJC08モード燃費27.8km/Lを実現している。そう、マイルドハイブリッドモデルが設定されたのも新型ソリオのトピックなのだ。

このマイルドハイブリッドは出力を向上させたモーター機能付き発電機「ISG」とリチウムイオンを組み合わせた独自のシステムで、モーターアシストはエンジンの負担を軽減して燃費向上のためだけに使われるという仕組みのもの。実はスズキの軽自動車に既に使われているS-エネチャージと同じシステムなのだが、小型車ではマイルドハイブリッドと呼ぶことになったという。そのほか、2つのカメラで歩行者も検知できる衝突被害軽減システム、デュアルカメラブレーキサポート、を誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能などとのセットで1部のグレードを除きオプション設定(5万9400円高)。先進安全性にしっかりと対応しているのも見逃せない。

ラインアップは、先代モデル同様にノーマルのソリオとチョイワル系の内外装を持つソリオバンディットの2つに大きく分けられ、ソリオバンディットはハイブリッドの1グレード、ソリオはハイブリッドの2グレードの他、マイルドハイブリッドなしの新開発1.2L直4エンジンを搭載するベーシックモデルも設定。このガソリンエンジン車の燃費は2WDで24.8km/Lとなっている。気になる価格は、ソリオが145万4760~196万7760円、バンディットが182万5200~195万1560円。燃費性能は30km/L台の本格ハイブリッドのコンパクトカーにはマイルドハイブリッドは今1歩かなわないが、その分価格面では、割安感あり、といえそうだ。

グレード 駆動 燃費 価格
G 2WD 24.8km/l 145万4760円
4WD 22.0km/l 158万1120円
ハイブリッドMX 2WD 27.8km/l 169万5600円
4WD 23.8km/l 182万1960円
ハイブリッドMZ 2WD 27.8km/l 184万1400円
4WD 23.8km/l 196万7760円
バンディット 2WD 27.8km/l 182万5200円
ハイブリッドMX 4WD 23.8km/l 195万1560円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

スズキ ソリオ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました