スポンサーリンク

三菱RVR後継モデル

三菱オリジナル企画社が出展されるのは今回が最後か?三菱ファン必見の1台がRVR後継車だ。

RVR後継モデル

力強いフロントと美しいリアスタイル。RVR後継車が日本のSUV市場を賑わす

一連の燃費不正問題で新車スケジュールが遅れた三菱だが、久々のニューモデルが東京モーターショーに出る。RVR後継モデルがそれだ。

当初、RVR後継モデルは2015年の東京モーターショーに出展された「eXコンセプト」をベースにすると目されていたが、実際はそちらではなく同年のジュネーブショーに出展された「XR-PHEVⅡ」をベースとしたものとなるようだ。

全長4490☓全幅1810☓全高1620mmという数値は、コンセプトカーであるXR-PHEVⅡの物だが、RVR後継モデルもそれに近いサイズとなるはず。

特徴的にリアスタイルが美しいボディに搭載されるのは、2.2Lの直4ディーゼルターボと、1.5Lのダウンしジングターボ。

当初はアウトランダーPHEV同様の、プラグインハイブリッドシステムの搭載が予定されていたが、少なくともデビュー時にプラグインモデルは設定されない見込みだ。

2.2Lディーゼルは、すでにデリカD:5に搭載されているものだが、これをブラッシュアップして搭載。

残る1.5Lターボの完成度にも注目だが、このターボモデルはディーゼルより登場が半年ほど遅れるかもしれない。

ともあれ三菱久々のニューモデルはかなりすごそうだ。コンパクトSUVカテゴリーが、またにぎやかになることは間違いないだろう。

  • 2階建て構造のような特徴的なリアスタイルは市販車にもそのまま採用される。
  • デリカD:5にも搭載される2.2Lクリーンディーゼルをリファインして搭載。
  • 上下に薄いグラスエリアが精悍な印象を見るものに与える。精悍なフロントフェイスは既存の国産SUVにはないもので新たなファンを獲得しそうだ。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

PHEVSUV三菱
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました