三菱RVR!ダイナミックシールドでコンパクトSUVの逆襲?

C-HRやヴェゼルと言ったコンパクトSUVが人気となっているが、2010年すでにこの流れを掴んでいたのが三菱のRVRだ。

ただし、大人しいデザインと1.8Lという微妙な排気量のせいか、人気は伸び悩み、7年の歳月が流れていた。

ダイナミックシールドを与えられた新型RVRはブラックグリルがバンパー左右とアンダーガード部から包み込まれるような表情となり、遠くからでもRVRと分かるようになった。

元々バランスは良かったので、引き締まった印象になった。

1.8L SOHCエンジンは139psと意外にパワフル。C-HRの1.8Lハイブリッドのシステム出力122psを上回る。

低速トルクもあるから、街中でも乗りやすい。ハイブリッドやディーゼル、ダウンサイジングターボでないと、地味に見えるが、NAらしい実用性の高さを再認識できた。

おすすめはボタンひとつで切り替え可能な4WDの方だが、コスパで選ぶならマニュアルエアコンなど装備は簡素になるが、MのFFが205万8480円とお買い得だ。

  • ダイナミックシールドデザインで印象は一変。遠くからでもRVRとわかる強烈な個性が生まれた。
  • 4J10 MIVECエンジンは1.8L SOHCだが、DOHCなみの高出力を誇り、低速からのトルクの出方もスムーズで乗りやすい。ちなみに4WDはボタンひとつで切り替わる電子制御式。
  • FF、4WDともに最低地上高が195mmあるから、オフロードや雪道でもたくましい走りを見せる。

【広告】


RVR G 4WD

全長☓全幅☓全高(mm) 4335☓1770☓1630
ホイールベース(mm) 2670
車両重量(kg) 1430
エンジン 直4SOHC
最高出力(ps/rpm) 139/6000
最大トルク(kgm/rpm) 17.5/4200
トランスミッション CVT
JC08モード燃費(km/L) 14.4
予想価格 248万7240円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加