スズキとダイハツ次の一手!ジムニー、ブーンX4

スズキジムニーコンセプト

歴代最強のモデルライフとなった現行ジムニーの次期モデルがついに登場。卓越した悪路走破性はそのままに最新エンジンで燃費性能も向上

現行型登場から20年目となる2018年にジムニーが新型に切り替わる可能性が極めて高い。となれば、その前年の東京モーターショーにプロトタイプ的なモデルが出展されることになるはずだ。

新型のトピックは搭載エンジンの変更。従来のK6A型から最新のR06型直噴ターボに切り替わる他、エネチャージ採用グレードの設定も考えられているようだ。

ラダーフレーム構造やパートタイム式4WDなど、基本的な構成は変わらないため、圧倒的な悪路走破性は不変。それに省燃費性能が加わるとなれば、今度のジムニーはかなりすごそうだ。

  • 悪路走行時の見切りを重視し、スクエアなボディデザインは継続される。それでも新しさはある。

【広告】


ダイハツブーンX4後継車

オリジナリティで溢れる出展内容で観客を魅了。直3、1Lターボ搭載でブーンが強烈スポーツモデルに生まれ変わる。

開発現場では未だにオリジナルモデルへのこだわりが強いと言われるダイハツ。そんなダイハツが今度のショーに出展するのがブーンX4後継だ。エンジンは1Lの直3ターボ。トールが積んでいるものを強化して搭載する。

トールが積む直3エンジンにどれだけのポテンシャルがあるのかは不明だが、かつてのストーリアX4、ブーンX4よろしく、「すごい」と言われるスペックで登場してくるのは確実だ。

  • 全幅は拡幅され「あのブーンがここまで」と言われるほどスポーティに生まれ変わる。
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加