スポンサーリンク

三菱 新型SUV投入とRVRマイナーチェンジ

今秋投入の三菱新型SUVはアウトランダーとRVRの中間に位置

三菱自動車が10月頃に投入する新型SUVはアウトランダーとRVRの中間に位置するミディアムクラスになる見込みです。発売当初は2.2Lのクリーンディーゼル車のみを設定します。

そして18年にはPHEVを設定。2Lガソリンエンジンとの組み合わせになりますが、アウトランダーPHEVとは多少アレンジを変えてコストを抑えるようです。

同社んのSUVラインアップの中で最も販売規模の多い戦略モデルに位置づけられると思われます。

RVRが2月9日にマイナーチェンジ

三菱自動車は2月9日にRVRをマイナーチェンジし、2月16日から発売開始します。

今回はフロントマスクを中心とした内外装のデザイン変更がメインでエンジンなど、メカニズム面の手直しはありません。フロントマスクは人気モデルであるアウトランダー似のデザイン処理をする見込みです。

改良モデルの消費税込み車両本体価格は205万8480~248万7240円でベースのMタイプは約5000円アップですが上級のGは装備の見直しで10万円の値下げとなっています。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

PHEVSUV三菱
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました