トヨタC-HR!買いはターボか、ハイブリッドか?

新型プリウスのプラットフォームをベースに開発されたコンパクトSUVのC-HR。

C-HRの「買い」はズバリ、ハイブリッドモデルなのか、それとも1.2Lターボエンジン搭載モデルなのか?これ、なかなか悩ませる選択肢なのだ。

ハイブリッドはFFのみで一方1.2ターボは4WDのみという設定なので4WDが欲しければターボ一択。

共に18インチタイヤの「G」と17インチタイヤの「S」2つのグレードが用意されており、同グレードであれば装備は同一。

ハイブリッドとターボの価格差は12万9600円だが、ハイブリッドは自動車税軽減対象なので、実質的な価格差はもうちょっと小さくなる。

JC08モード燃費はハイブリッドの30.2km/Lに対しターボは15.4km/Lと約半分。この差は大きいが、1.2ターボは高速巡航の実燃費は伸びる。さて、結局のところどっちが買いなのか?

【広告】


ターボのメリット

C-HRで4WDが欲しいというのなら1.2ターボ一択です。ハイブリッドはFFだけですから。1.2Lターボは実に穏やかなエンジン。

1500rpm回っていれば最大トルクの18.9kgmが出ているので、ぶん回すような乗り方をすることはない。

と言うかCVTが2000~4000rpmをキープするような制御をして、アクセル操作に対しこの回転域を上手く使って速度の増減をする。

ネガティブなことを言わせてもらえれば、もうちょっとぐいぐいと盛り上がるパワー感が欲しい、ということか。

5500rpmからレッドゾーンのこのエンジンは5000rpmあたりで頭打ち。ただ、全体的にハイギアードな設定となっていて80km/h巡航時は1450rpm、100km/hでも1800rpmと低回転で走るということもあり、実に静かでストレスフリー。巡航時にエンジンの振動などもほとんど感じることはない。

海外向けにはあるターボのFFがあと15万円安くらいで国内向けにも設定されればイチオシなのだが。

  • オーリスにも搭載される1.2Lターボは最高出力116ps。最大トルク18.9kgmは1500rpmから4000rpmの間でフラットに発生する。100km/h巡航時は1800rpmと低回転。

ハイブリッドのメリット

走り出すと直ちに「安心、信頼、安定のトヨタハイブリッド」を実感する。何しろプリウスを始めノア/ヴォクシーなどで実績のある1.8Lハイブリッドだ。

「ヒュイーン」と2インバーター音を響かせながら加減速をする「走り感」は安心感がある。JC08モード=30.2km/Lという数字もありがたい。タウンユースでは20km/Lレベルをコンスタントにマークするだろう。

ただ、そこに「驚き」はない。プリウスなどから連想されるイメージ通りの「走り感」なのだ。それこそが「安心・安定のトヨタハイブリッド」の魅力でもあるのだが、せっかく個性的な存在感を放つC-HRだから、走り感を感じたい。

FFのみというのもちょっと残念。チーフエンジニアに聞くと「プリウスのリアモーターはそのままでは車重の違いなどで載せられません。新規に開発するとなるとコスト的にも厳しくなってきます」と。割り切ったことで低価格を実現したいという狙いもあるのだ。

  • ハイブリッドユニットはプリウスと同じ1.8Lエンジン+モーターでシステム出力122ps、JC08モード燃費30.2km/L。FFのみで4WDの設定なし。

【広告】


発売1か月の受注は目標の8倍となる4万8000台で納期3ヶ月

C-HRの発表は年末12月14日。約1か月後の1月19日時点での受注台数は約4万8千台となり、販売目標の月間6000台に対して8倍と滑り出しは好調だ。

特に年末年始の休みを挟んでいるということを勘案すれば、十分に「いい数字」と言えるだろう。

販売比率はハイブリッド車が約3万7千台、ターボ車は約1万1千台で、77対23で圧倒的にハイブリッド優勢だが、これは開発陣も「想定通りです」とのこと。納期はハイブリッドもターボも約3ヶ月となっている。

C-HR主要諸元

グレード ハイブリッドG ガソリンターボG-T
JC08モード燃費(km/L) 30.2 15.4
駆動方式 FF 4WD
全長☓全幅☓全高(mm) 4360☓1795☓1550 4360☓1795☓1565
ホイールベース(mm) 2640 2640
車両重量(kg) 1440 1470
エンジン 直列4気筒DOHC
ハイブリッド
直列4気筒DOHC
ターボ
排気量(cc) 1797 1196
最高出力(ps/rpm) 98/5200 116/5200-5600
最大トルク(kgm/rpm) 14.5/3600 18.9/1500-4000
モーター出力/トルク(ps/kgm) 72/16.6
システム出力(ps) 122
最低地上高(mm) 140 155
サスペンション ストラット/
ダブルウィッシュボーン
ストラット/
ダブルウィッシュボーン
タイヤサイズ 225/50R18 225/50R18
トランスミッション 電気式無段階 CVT
価格 290万5200円 277万5600円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加