ホンダセンシング採用モデル拡大

ホンダはフィットを始めとしたシャトル、グレイス、ステップワゴン、ヴェゼルなど年内にマイナーチェンジや一部改良するモデルについて、安全パッケージの「ホンダセンシング」採用モデルを拡大採用します。

登録車でホンダセンシングを装備していないのはフィットだけで、フィットは6月上旬にもマイナーチェンジして装備車を設定します。

この他、シャトル、グレイス、ステップワゴン、ヴェゼルも年内にマイナーチェンジ、一部改良を実施しますが、これらについては一部グレードにしかホンダセンシングが設定されていないため、改良に合わせて装備グレードを大幅に拡大します。

また、軽自動車についても7月上旬に一新する次期型N-BOXを皮切りに18年以降、順次採用します。

ホンダセンシングはミリ波レーダーと単眼カメラで、車の前方の状況を認識。ブレーキやステアリングの制御技術と協調し、安心快適な運転や事故回避を支援するシステムで、オプション価格は12万円程度に設定しています。

これだと軽自動車には価格が高すぎるので6万円程度高に設定し、より簡便な専用ユニットの装着で対応するものと思われます。

  • ホンダは今後、改良のタイミングで先進安全装備の「ホンダセンシング」設定車の拡充を図る。フィットも今年のマイナーチェンジでホンダセンシングを採用予定。

各社とも安全装備に力を入れて差別化を図らざるを得ない状況となっているのでしょう。昨今の高齢者の事故増加のニュースなどがそれに拍車をかけているように思います。

自分も深視力が衰えて狭路通過がやりにくく感じたりしますし、やっぱり安全装備の充実は必要なことなんだろうと思います。

なんだかんだ言っても、安全第一ですからね。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加