ホンダ新型フリード増産で納期短縮へ

9月16日発表、発売した新型フリードは絶好調の滑り出しを見せています。

月間6千台の計画に対して、これを大幅に上回る受注ピッチとなっていることから、月産八千台以上へ増産します。

このため、本来であれば来年にずれ込む納期をガソリン車が11月、ハイブリッド車が12月と年内納車に短縮しています。

新型フリードは8月上旬から事前予約の受付を開始して、発表、発売までに1万3千台を受注しています。

このままだと発売直後の契約でも納期が来年にずれ込むことから、計画より30%以上増産しています。従って今後は着実に登録台数が増える方向にあり12月には1万台突破も視野に入っています。

予想以上に好評なのが2列シートの「フリード+(プラス)」で、販売構成比は計画の20%に対して30%に対している地域も目立ちます。荷室スペースを2段に使えるボードを採用するなど利便性の高さが好評のようです。

今後はライバルのシエンタを抜き、同クラスのトップセラーを奪還するばかりか、フィットを抜き、ホンダ登録車の最量販モデルに浮上する可能性もあります。

  • 9月16日にフルモデルチェンジした3列シートも設定されるコンパクトミニバンの新型フリード。2列シート車も含めて売れ行きは好調で、増産となった。
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加