ホンダN-VANの詳細とシビックIXの情報

18年に新型N-BOXの派生モデルとしてデビューする商用バン、N-VANの詳細がついに明らかになった!さらに来年はシビックにハイブリッドモデルが新設定される!

17年9月2代目へとフルモデルチェンジしたN-BOXが、発売から1ヵ月で5万台以上の受注と好調な売れ行きを見せているホンダは、来年には2車種のニューモデルを投入。更なるラインアップ強化で販売攻勢をかける!

18年ホンダ一番の目玉はN-VAN

そのホンダが18年に発売するニューモデルの1台が軽自動車の新型商用バン「N-VAN」だ。

ベースとなるのは新型N-BOX。

そのN-BOXは新開発のプラットフォームとエンジンを採用し、全てを一新。

先代型でもクラス最大級の室内空間を誇っていたN-BOXだが、新型ではさらにエンジンルームのコンパクト化、テールゲートの薄型化などにより、室内長で+60mmとさらに拡大。

このN-BOXのコンポーネンツをベースにN-VANでは、商用車向けに徹底的に仕様を見直していると言う。

というわけで、N-VANの大きなポイントの一つが、商用バンとしての実用性を追求した圧倒的な室内空間だ。

その具体的な数値の一部が判明していて、2名乗車時の荷室長が1630mm、荷室長が1365mm。

商用1BOXの現行型アクティバンは荷室長1725mm、荷室高1200mmなので、荷室長では1BOXタイプにはかなわないものの、室内高は圧倒的な高さを実現することになる。

さらに室内で面白いのがシートレンジで、運転席以外のシートがすべて格納することができ、フルフラットな荷室スペースに変えることもできると言うから注目だ。

その一方で、NーVANの魅力は商用車としての実用性だけじゃないという。

広い室内スペースを活かしてキャンパー仕様へのカスタマイズも可能で、フラットなフロアの上を荷室空間にしながら、その上にマットレスを敷けるベッドキットを用意。

リアバンパーには電源コンセントを装備するという。

モデル体型は「ノーマル」「COOL」「FUN」の3タイプが用意され、タイプごとに異なるフロントマスクになる模様。

N-BOXが新型で価格アップしたため、N-VANでは130万円前後を中心にした割安感のある価格に設定し、若者もターゲットにするという情報もある。

遊べる軽バンとしての可能性を大きく秘めたN-VAN。

デビューは18年7月頃になりそう。

【広告】


シビックにHV、その名はIX

そして、もう一台のホンダ18年のニューモデルがシビックハイブリッドだ。

車名はシビックIXになる。

ハッチバックも設定されるシビックだが、IXのボディタイプはセダンのみ。

ハイブリッドシステムはフィットなどに採用されている1.5Lのi-DCDを搭載する。

ホンダにはアコードなどに採用される2Lハイブリッドもあるが、車重1300kg台のシビックであれば1.5Lハイブリッドで十分な動力性能を発揮し、燃料も優れるという。

外観はノーマルのセダンと基本は同じだが、フロントマスクなどが専用デザインになる。

登場は18年12月と予想。

  • シビックIXに搭載されるのはフィットなどに採用されている1モーターシステムの1.5Lハイブリッド。
    燃費性能はJC08モードで1.5Lターボモデル19.4km/Lを大きく上回り、27km/L程度と予想。
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加