スポンサーリンク

ホンダフリード 公道テストを捕獲 デザイン完全判明!

記事内に広告が含まれています。

次期フリードのパワートレーンは、現行型フィットの1.5L i-DCDハイブリッドと1.5Lガソリンエンジンの2本立てとなることが確定済み。ハイブリッドは大幅改良が施されて、スムーズな加速や燃費性能の大幅アップを実現するという。

搭載すると思われていた新開発の1Lダウンサイジングターボは、残念ながら見送られることになった。

スタイルは、基本的にキープコンセプトだが、市販モデルではより丸みを帯びて現行型ステップワゴンと共通するテイストになる。また、室内の使い勝手も力が入れられていて、3列目シート跳ね上げ式にすることで、自転車のような高さのある荷物を楽に積めるのもウリだという。バリエーションは、三列シートの6人乗りと7人乗り、それに2列シートの5人乗りも加わってフリードスパイクが統合され、エアロ仕様のスパーダが設定されるはず。

 

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

フリードホンダ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました