スポンサーリンク

ホンダ 1L VTECターボ これぞダウンサイジングターボ

ステップワゴンを1.5Lターボで統一するなど、ホンダは国産勢で最もダウンサイズターボに熱心なメーカー。いよいよ3気筒1Lターボがデビュー間近となってきた。

今の愛車7年落ち下取り査定ゼロ・・・でも!
>>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<<

 

このエンジン、2年前のホンダミーティングでプロトタイプに試乗したが、今回はほぼ量産仕様となってのお目見えだ。プロト時代はトルク感こそ凄いものの洗練度はトルクカーブの作り込みやNVなどにやや荒削りな部分が残っていた。

その後2年の熟成を経た今回は、余計な雑味がなくなってスムーズな回転フィールが印象的。トルクフィールはマイルドになったようにも感じるが、その代わり実用領域にみっちり詰まったトルクの充実感が半端ない。5800rpmと低めの回転域でリミッターに当たるかわり、アイドルからリミットまで、どこからでも元気のいいレスポンスが返ってくる。

試乗したのはマニュアル6速仕様だったが、60km/hから180km/hまで、6速のままよどみなく加速していくのにはちょっとビックリ。130ps/200Nm(20.4kgm)というスペックは評判のフィエスタ100ps/170Nm(17.3kgm)を大きく上回るが、それだけの実力はありそうだ。

この1Lターボ、中国を中心としたアジア圏からのリリースとなりそうだが、日本市場には是非S660に積んで発売してほしい。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ターボ ホンダ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました