日産 Gripz Concept 次世代ハイブリッドシステムを搭載し、NEWジュークとしてデビュー!

1971年にサファリラリーを制した伝説のフェアレディ240Zや、シンプルなレース用自転車などからイメージしたクロスオーバータイプのコンセプトカーが「ニッサングリップスコンセプト」。コンパクトクロスオーバーにスポーツ感をくわえた新しいデザインの方向性が示されているという。

そのデザインはロードレース用自転車のような走ることに特化したシンプルさと軽さを感じさせるディテールが特徴。ショーモデルらしく、フロントがガルウィング式ドア、リアが後ろ開きのドアという4ドア仕様で4シーターとなっている。内装も自転車のサドルをイメージしたというセンターコンソールをはじめ、とても斬新だ。

そのためデザインばかりに目が行きがちだが、搭載されるパワーユニットにも注目すべきポイントがある。「Pure Drive e-Power」と呼ばれる新開発のシリーズハイブリッドEVシステムだ。これはガソリンエンジンで発電してモーターで走らせるハイブリッドで、リーフの大容量モーターを採用。モーター出力は109ps/25.9kgmと公表している。

リーフで培って来たEVのノウハウをいかしたシステムでもあり、これが意外と早い時期に市販化出来るくらいに開発が進んでいるというのだ。アグレッシブなデザインのコンパクトSUVであるクリップスコンセプトは、新EVシステムを搭載し、次期ジュークとして市販される可能性は高い。デビューは2年後と予想される。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加