日産セレナe-POWER、セレナNISMO、リーフNISMO情報

日産セレナe-POWER 2018年春デビュー

人気のe-POWERをセレナにも搭載!

ノートで好評のe-POWERがセレナに搭載されて来年春登場。

1.2Lエンジンを発電専用に使うシリーズハイブリッドで、駆動は電気モーターだけで行うシステムだ。

ガソリンを燃料にするEVともいえるもので、新しさと使い勝手の良さで人気を呼んでいるが、セレナに積まれるのもノートと同じ3気筒、1.2Lエンジンをベースとしたシステム。

ノートe-POWERのモーター出力は109ps/25.9kgmだが、サイズが拡大し、車重も増えるセレナに合わせ、出力を向上。

詳細なスペックは未発表だが、最大トルクは30kgmに近づくだろう。

フロントグリルにブルーのアクセントが入る以外に外観上の差異はないが、セレナが8人乗りなのに対し、e-POWERは7人乗りのみとなる。

標準ボディとハイウェイスターの両方に設定され、もちろん人気のプロパイロットの装備。

価格は50万円程度あがって、標準ボディが300万円、ハイウェイスターが350万円程度になると予想。

燃費はクラス最高のステップワゴンスパーダ(ハイブリッド)のJC08モード25.0km/Lを超えるのは確実だ。

【広告】


日産セレナNISMO 今年11月24日デビュー

ミニバンでも走りを楽しめる!

セレナには待望のNISMO仕様も登場。

こちらは11月24日にデビューする。

マーチ、ニスモ、ジュークなど既存のNISMO仕様と同様、内外装と足回りをスポーティーにして、走りの楽しさをアピール。

エンジンはベース車と同じだが、専用コンピュータを搭載し、アクセルレスポンスを向上させる。

価格は320万~330万円程度と予想。

ノア/ヴォクシーGRスポーツと真っ向勝負となる。

【広告】


日産リーフNISMO 2018年10月デビュー

スポーティな走りをEVでも楽しめる!

デビューしたばかりのNEWリーフにNISMO仕様が追加される。

エクステリアはNISMOならではのスポーティな演出が施され、エアロはCd値を悪化させることなくリフト量を低減させているのがポイント。

NISMOのレーシングテクノロジーを遺憾なく発揮している部分だ。

パワースペックはベース車と同じだが、専用コンピューターを採用することで、アクセルレスポンスを向上。

新型になって走りが大きく進化したリーフだが、NISMO仕様ではさらなる爽快な走りが味わえそうだ。

デビューは18年10月頃と予想。

もちろんプロパイロット、プロパイロットパーキングなどの人気装備も設定できる。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加