「 タイヤ 」一覧

NO IMAGE

SUV用タイヤ!オンロードで快適

人気のSUV、オンロードでも快適に走るためのサマータイヤのご紹介です! ブリジストン デューラH/L850 175/80R15~235/55R19(全32サイズ) 実勢価格1万8500円(60R17) ショート&ナロースロット、ハイアングルラグなどの採用により高い静粛性を実現。 アレンザ001 215/65R16~315/35R20(全34サイズ) 実勢...

記事を読む

NO IMAGE

ミニバン専用タイヤ!専用設計だから乗り心地もイイ!

もうそろそろ大阪もさくらが見頃になった感じですね。 さて、今回はミニバンのサマータイヤのご紹介です。ミニバンのスタッドレスをサマータイヤに履き替えるならミニバン専用タイヤがおすすめ。乗り心地が違いますよ。 ブリヂストン レグノGRVⅡ 195/65R15~255/35R20(全32サイズ) 実勢価格22000円(225/50R18) 室内空間が大きくリアタイヤ直上に...

記事を読む

NO IMAGE

プレミアムスポーツタイヤ!走りも乗り心地もワンランクアップ

パワーのあるスポーツカーにはスポーツタイヤ。春から履き替える参考にどうぞ。 ブリヂストン ポテンザS001 205/55R16~275/30R21(全74サイズ) 実勢価格19000円(215/45R17) ハイパフォーマンスカー向けのプレミアムスポーツタイヤ。高いドライグリップと操業安定性能、ウェットグリップを高バランス。 横浜ゴム アドバンスポーツV105 ...

記事を読む

NO IMAGE

コンフォートプレミアムタイヤ

自宅のさくらはまだ五分咲きなんですが、花見と称してバーベキューやったりしています。陽気も良くなって来ました。 このあたりではスタッドレスタイヤはいらないんですが、雪が降る地域でもそろそろサマータイヤに履き替えというところも多いのではないでしょうか。 ここではアッパーミドルサルーンにベストマッチ、ということでコンフォートプレミアムタイヤを紹介します。 ブリジストン レグノGR-XI ...

記事を読む

NO IMAGE

おすすめ低燃費スタンダードサマータイヤ

もう東京では桜も咲きました。スタッドレスタイヤをサマータイヤに履き替える季節です。ここでは軽自動車からコンパクトカー、ミドルサルーンまで低燃費スタンダードサマータイヤについて紹介します。 ブリジストン エコピアNH100 185/70R14~225/45R18(全21サイズ) 実勢価格1万1000円(195/65R15) 今年1月に登場したエコピアの最新モデルがNH100...

記事を読む

NO IMAGE

ピレリ ドラゴンスポーツ

新商品は「ドラゴン・スポーツ」。サイズは17~20インチ、215~275の横幅、30~45と、明らかなスポーツサイズ。グリップ性能重視かと思いきや、新デザインのトレッド面は縦方向に4本の主溝が走り、雨の排水性を重視。 接地面外側の溝を縦溝まで貫通させない点に、コーナーでのハンドリング特性向上が伺える。狙うはセダン、ミニバンのスポーツ系。スポーツカーも当然だが、試乗するとメーカーの意向と事実は...

記事を読む

NO IMAGE

東洋ゴム トランパスML

ミドルサイズミニバン専用1ランク上の乗り心地と燃費性能を実現する 現在自動車の登録台数の上位は、コンパクトカーが大半を占めている。そんな中に割り込むように売れているのがノア、ヴォクシー、セレナ、ステップワゴンと言ったミドルクラスミニバンだ。しかも、これらミドルクラスミニバンは、各車上位モデルが売れ筋となっている。 トランパスMLは、そんなミドルクラスの上位グレードをターゲットに開発したミニ...

記事を読む

NO IMAGE

ブリジストンのスタッドレス試乗会

ブリヂストンタイヤジャパンは2015年10月27日、埼玉アイスアリーナ(埼玉県上尾市)でブリザックVRXの試乗会を開催した。ブリザックVRXは乗用車用スタッドレスで、雪道での確実な制動性を目指して開発された。コンパウンドは、ゴム内に気泡と水路を配してスリップの原因となる水膜を除去するアクティブ発泡ゴムを使用。 トレッドの摩耗が進んだ際は、気泡と水路が連結して性能維持を図る。トレッドはグリップ...

記事を読む

NO IMAGE

グッドイヤー イーグルF1アシメトリック2

最新スポーツタイヤは車のハイパワー化に対応した強力なグリップ力が求められる。特にウェットグリップと耐ハイドロプレーニング性能は安全性に直結する最重要テーマと言える。グッドイヤーのスポーツ系フラッグシップタイヤ、イーグルF1アシメトリック2は、新世代スポーツカーにふさわしいハイグリップ力を実現しつつ、あわせて低燃費性能を徹底的に追求したモデル。すぐれた快適性をそなえたタイヤと評価され、広く人気を集め...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。