ピレリ ドラゴンスポーツ

新商品は「ドラゴン・スポーツ」。サイズは17~20インチ、215~275の横幅、30~45と、明らかなスポーツサイズ。グリップ性能重視かと思いきや、新デザインのトレッド面は縦方向に4本の主溝が走り、雨の排水性を重視。

接地面外側の溝を縦溝まで貫通させない点に、コーナーでのハンドリング特性向上が伺える。狙うはセダン、ミニバンのスポーツ系。スポーツカーも当然だが、試乗するとメーカーの意向と事実はかけ離れていることがわかった。

それはサーキットでも薄々感じていたこと。FWDスポーツのフォーカスやシロッコでパイロンスラロームやコーナリングを展開する。

路面はF1マシンのラバーグリップの上に雨が降り注ぎ、通常の舗装以上に滑る。そんな状況で、ステア操作に正確に応答し、特に鋭い部分はないが、狙い通りに変化する動きはコントロール性に優れている。

唐突な滑りは特殊な路面状況だから。アクセルのON/OFFで安定状態からリアが滑り出す変化の予知も分かりやすく破綻しない。と、もちろんこれはクルマの特性にも左右されるのだが。

音、振動、乗り心地を確認すべくテスト車は何がいいか?225/45R18が適合する車種からオデッセイアブソルート選択。ご存知一本筋金の通ったスポーツハンドリングと、やや硬い乗り味の個性を持つ。それが、高速直進性はわだちなど外乱の影響を受けにくくなった。つまり本来のシャキッとした直進性とは違い、中立付近がマイルドで、直進することに気づかいがいらなくなった。

乗り味はサーキットの縁石を踏んだ時から分かっていたが、角のないソフトで柔軟なまさにコンフォート系タイヤの様相。アブソルートの乗り味をマイルドに変え、ロードノイズ、パターンノイズの類を抑え込み快適性は確実にアップ。メーカーの狙いとはだいぶ違うのでは?と思う部分はここ。決して悪い話ではない。むしろこうした特性こそ誰もが安心して走行できるスポーツ性だと思う。

ドラゴン・スポーツサイズラインアップ

  • 275/30R20XL
  • 245/35R20XL
  • 225/35R19XL
  • 245/35R19XL
  • 235/35R19XL
  • 245/40R19XL
  • 245/40R18XL
  • 235/40R18XL
  • 225/40R18XL
  • 245/45R18XL
  • 225/45R18XL
  • 215/45R18XL
  • 245/45R17
  • 235/45R17XL
  • 225/45R17
  • 215/45R17XL

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加