スポンサーリンク

アウディTTクーペ クワトロ

記事内に広告が含まれています。

日本に導入される 三代目TTは基本的に3タイプで、 クーペがTTとよりスポーツ性の高いTTS、それにオープンの ロードスターとなる。 ロードスターは従来からの 2L直噴ターボながら 211 ps、 37.7kgmへと アップ。 TTSでは286ps、38.8kgmへと達する。 それに加えこの三代目では、 アルミを多用化した 軽量化により 燃費の向上と性能の引き上げにも成功し、 アウディのおかげでもある クワトロはドライブセレクト、 マグネティックライド(TTS) と呼ばれる新たな制御システムにより、高度な走行を手に入れている。

実際にテストがおこなわれた 北海道の十勝スピードウェイでは、3タイプの違いが確認できた。 特にTTとTTSの パワーの差は 如実で、 滑りやすいウェイトコンディションでよりわかりやすい。ベースとなるTTでも 十分なパワーとトルクでグイグイ加速するし、 コーナー手前での減速も軽い踏力で予想以上に初期の応答感はいい。 286psのTTSで ドライブセレクトをダイナミックにして マニュアル操作で走ると、 シフトアップ時に 切れ味のいい破裂音を発しながら加速し、まさにスポーツ走行を満喫できる。

ノーマルよりも 56 ps 高い 286 psは、 ウェットでは ノーマルと同じように アクセルペダルを踏んでもコーナー立ち上がりでは、 ウエットグリップのすぐれるコンチネンタルのスポーツタイヤ、 コンタクトp5Pを持ってしても、 舵角が残っていると 斜めに滑りながら加速するといった感じで、雨天ではTTの方がコントロールしやすい。ただ、TTもTTSもハンドリングは奥行きが深く、ウェットでも十分なストロークのあるサスでブレーキング時もコーナーリング時も安定感が高い。全ては制御技術の高さによるところが大きいが、 全体として、 三代目は全てにわたり洗練されたと言えるものだ。

日本ではスポーツターボが死滅しようとしている 現在、 世界では積極的に使ったスポーツモデルが次々に生まれ、その完成度が高い事を知ると、ターボで一時代を築いた日本車の方向性のヒントになるのではないか。

【アウディTTクーペ クワトロスペック】

全長 4180mm(4190mm)
全幅 1830mm
全高 1370mm(1370mm)
ホイールベース 2505mm
エンジン型式 CPY型直列4気筒DOHC直噴ターボ
排気量 1984cc
最高出力 230ps/4500~6200rpm
(286ps/5300~6200rpm)
最大トルク 37.7kgm/1600~4300rpm
(38.8kgm/1800~5200rpm)
JC08モード燃費 14.7km/L(14.9km/L)
価格 589万円(768万円)

()内はTTS

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

アウディ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました