スポンサーリンク

TT3代目へ進化!!A6には2Lターボ搭載

8月20日に三代目へと進化したアウディTT。初代~2代目と連綿と培ってきたデザインテイストをよりシャープにダイナミックに昇華させた三代目TTはアウディR8を思わせるデザインテイストとなり、スポーティムードが高まった。

アウディTT、これもいいですよね。乗り換えるならお得に乗り換える方法ありますよ。
愛車を下取りに出す前に無料一括査定サイトで価格確認すればいいんです。
高く売れたら浮いたお金で支払いも楽になりますよ!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

 

TTシリーズにはクーペのFFモデルのほかアウディお得意の4WD「クワトロ」、さらにロードスターがラインアップするほか、よりスポーティ度をましたTTSも設定される。全車直4、2Lターボを搭載し、TTSは286ps/38.8kgm、標準のTTは230ps/37.7kgmとなる。また、7月30日にマイチェンされたA6には従来の2.8LNAに代えて、48ps、9kgmアップした252ps/37.7kgmを発揮する、この2Lターボ搭載モデルが登場した。今回はこのA6アバントにも試乗した。1830kgという車重に2Lターボではさすがにアンダーパワーなのでは?などというのはまったくの杞憂。きめこまやかにシフト制御される7速DCTと相まって1500回転あたりからグイグイと盛り上がるトルクで力強い走りを味わわせてくれる。上質な乗り心地とインテリアも心地よい。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

アウディ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました