ポロGTI、ゴルフGTI、ゴルフRの6速MT試乗

昨年秋に6年ぶりにポロGTI、ゴルフGTI、ゴルフRに設定された6速MTモデルの試乗車がようやく出揃ったので比較試乗した。

VWの6速MTはインプットシャフト一本、1~4速のアウトプットシャフト、5~6速&リバースのアウトプットシャフトで構成される「3軸構造」を採用。全長を短縮しながら多段化を実現。ギヤボックスハウジングは軽量のマグネシウム製だ。当然3車それぞれの特性に合わせてギア比や強度などが異なる。

まず、末っ子のポロGTIの6速MT。1.8L直4ターボは192psと7速DSCモデルと変わらないものの最大トルクは7速DSGの25.5kgmから32.6kgmに向上。

身のこなしが軽く自分の思い通りに操れる人馬一体感、気持ちいいシフトフィールは文句なし。試乗している最中、心臓がバクバクするほど痛快な気分だった。それでいて走りの上質さは忘れていないのも評価すべき点だ。

次に220ps/35.7kgmを発生する2L直4ターボを積むゴルフGTI。ポロGTIから乗り替えると車格があがった分、懐の深いGTカーという印象が強くなる。とはいえ、やはりそこはゴルフGTI、トルク感たっぷりで1速、2速、3速・・・とリフトアップしていくと、6速DSGでは味わえない人馬一体感に思わずうれしくなった。

さらに史上最強のゴルフとうたわれるゴルフRは280ps/381079ジターボに言わず制御式の鞄クラッチを使う電子制御4wdが組み合わせれているゴルフRは280ps/38.7kgmの2L直4ターボに油圧制御式の多板クラッチを使う電子制御4WDが組み合わされている。

このゴルフRは上質さを備えながらもゴルフGTI以上にサーキットで速くガンガン走れる性格ゆえ、ワインディングでは少々持て余し気味だった。この3台の6MTモデルのなかで一番良かったのはリトルギャングという言葉がふさわしいポロGTI。3台の6速MTモデルとも秀逸だった。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加