ハイブリッド車 150万~200万円

国産ハイブリッドの中で150万~250万円のゾーンにおさまる車は最も数が多く14車種もある。その中でも最もリーズナブルな価格を示しているのがフィットハイブリッドだ。そのお値段169万円ポッキリ。軽のターボモデルを買うのと変わらないお値段。もちろんそれだけではなく、200万円を切る車も他に4台も。

ホンダ フィットハイブリッド

●JC08モード燃費:36.2km/L~27.6km/L
●プライスゾーン:169万~222万1000円

「実用的でお買い得なハイブリッド車が欲しい」と考えているなら、フィットハイブリッドに注目したい。全長が4mを下回るボディで、立体駐車場にもおさまるから街中での使い勝手が良い。

その一方で燃料タンクを前席の人に搭載したから、駆動用電池をボディの後部に設置しながら荷室が広い。後席の足元にもミドルセダン並の余裕をもたせた。

しかも1.5Lエンジンをベースにした1モーター方式のハイブリッドは、JC08モード燃費が割安なFパッケージで33.6km/Lと良好だ。価格は180万円弱で買得なハイブリッドに仕上げた。

購入データ

人気グレード:Fパッケージ 179万6千円
JC08モード燃費:36.2km/L~27.6km/L
最大値引き:14万~15万円
納期:1ヶ月

スズキ ソリオ

●JC08モード燃費27.8km/L~23.5km/L
●プライスゾーン:169万5600~196万7760円

ソリオのハイブリッドは、ワゴンRなどが採用するSエネチャージと仕組みは同じだ。モーター機能付き発電機のISGが、アイドリングストップ後の再始動/減速時の発電/駆動力の支援(ハイブリッド機能)を兼任する。

モーターの最高出力は3.1馬力と小さい。アシスト時間も最長で1回30秒と短いが、燃費を効果的に節約する。アイドリングストップ後の再始動も静かだ。JC08モード燃費は27.8km/Lで、2個のカメラを使う緊急自動ブレーキも装着できる。背の高いボディーによる快適な居住性などを考えると、価格は高めだが買得だ。

購入データ

人気グレード:バンディット 182万5200円
JC08モード燃費:27.8km/L~23.5km/L
最大値引き:16万~17万円
納期:1.5ヶ月

トヨタ アクア

●JC08モード燃費:37.0km/L~33.8km/L
●プライスゾーン:176万1382~210万109円

2015年に最も多く売れた車種はアクアであった。約22万台に対して2位のN-BOX(スラッシュとプラスを含む)に約3万台の差を付けた。売れ筋のSは189万円弱だから、価格が200万円以下のコンパクトで運転のしやすいハイブリッド専用車になることが特徴だ。

後席と荷室は少し狭いが、前席には十分な余裕がある。低重心でボディが軽いから運転感覚はスポーティだ。2モーター方式の本格的なハイブリッドとあって、JC08モード燃費は37.0km/Lと優れている。直近では中低速域で作動する緊急自動ブレーキも採用されて国民的アイドルだ。

購入データ

人気グレード:S 188万7050円
JC08モード燃費:37.0km/L~33.8km/L
最大値引き:14万~15万円
納期:1.5ヶ月

ホンダ グレースハイブリッド

●JC08モード燃費:34.4km/L~29.4km/L
●プライスゾーン:195万~238万2000円

グレイスの一番の魅力は、運転のしやすい5ナンバーサイズのセダンであること。5ナンバーセダンは今では5車種に限られ、プレミオ&アリオンは設計が古い。グレイスは貴重な存在となった。

1.5Lエンジンをベースにした1モーター方式のハイブリッドも用意され、不満のない動力性能を確保した上で、JC08モード燃費は売れ筋のLXが34.4km/Lと良好だ。セダンのすぐれた空力特性をいかして、フィットハイブリッドに勝る。

後席の足元空間はミドルサイズセダン並に広く居住性も快適。少し地味だが実力派のセダンに仕上げた。

購入データ

人気グレード:EX 222万円
JC08モード燃費:34.4km/L~29.4km/L
最大値引き:16万~17万円
納期:2ヶ月

トヨタ カローラアクシオ/カローラフィールダー

●JC08モード燃費:33.8km/L
●プライスゾーン:203万400~220万7127円

現行カローラアクシオ&フィールダーは2012年に発売されたが、2013年にハイブリッドが追加されると売れ行きが一気に伸びた。価格を1.5Lのノーマルエンジン搭載車とくらべると、装備を補正しても約40万円高い。なので価格差を燃料代の差額で取り戻すことはほぼ不可能だが、人気をとても高い。

背景にある理由は「普通のカローラでは物足りない」「ハイブリットに一度は乗ってみたい」という顧客の意識だ。損得勘定ではなく「馴染みやすいカローラのハイブリッド」に魅力がある。中低速域で作動する緊急自動ブレーキも人気を高めた。

購入データ

人気グレード:ハイブリット 203万400円
JC08モード燃費:33.8km/L
最大値引き:17万~18万円
納期:2ヶ月

ホンダ シャトルハイブリッド

●JC08モード燃費:34.0km/L~25.8km/L
●プライスゾーン:199万9000~254万2000円

今では貴重な5ナンバーサイズに収まる実用的なワゴンだ。プラットフォームなどはフィットと共通で、燃料タンクを前席の下に設置したから空間効率がすぐれている。

しかも荷室の長さがフィットを約300mm上回るから積載性がバツグンに良い。後席を床面へ落とし込むように畳むと、フラットな184cmの荷室長が得られる。大人二人が就寝できるひろさだ。

1.5Lエンジンを使うハイブリッドは、動力性能に余裕があってJC08モード燃費はXが34km/L。価格も割安で、エコカー減税を含めるとノーマルエンジンとの実質差額は約20万円におさまる。

購入データ

人気グレード:ハイブリッド X 219万円
JC08モード燃費:34.0km/L~25.8km/L
最大値引き:14万~15万円
納期:2ヶ月

ホンダ フリードハイブリッド

●JC08モード燃費:21.6km
●プライスゾーン:221万~239万2400円

1.5Lエンジンを搭載するコンパクトミニバンだから新型シエンタが強敵になる。フリードの特徴は、2列目が完全なセパレートシートになること。見栄えと座り心地がよく、中央が通路になって車内の移動もしやすい。

外観はミニバンの典型。左右に跳ね上げる3列目をふくめて、ステップワゴンなどからの代替がしやすい。

IMAタイプのハイブリッドは1.5Lで、モーターの力は少し弱い。JC08モード燃費も21.6km/Lにとどまるが、巡航中にアクセルペダルを踏みました時などは、モーターが駆動力を効果的に支援する。2016年に一新される予定だ。

購入データ

人気グレード:プレミアムエディション 234万円
JC08モード燃費:21.6km/L
最大値引き:21万~22万円
納期:1.5ヶ月

ホンダ フリードスパイクハイブリッド

●JC08モード燃費:21.6km/L
●プライスゾーン:221万~238万円

コンパクトミニバンのフリードは、シエンタに比べて機能が見劣りするが、2列シートのフリードスパイクは今でもライバル車が不在だ。後席をたたむと、後部に駆動用電池を搭載したハイブリッドでも、フラットで広い荷室が得られる。大人2名が快適に就寝できる空間になり、ジャストセレクションであれば荷室にスポットライトや棚も備わって使い勝手がさらに高まる。

そして後席は座り心地が適度に柔軟で、足元空間はフリードの二列目よりも広い。ハイブリッドはフリードと同様に設計が古くJC08モード燃費も21.6km/Lだが、独自の必要性で選ぶ価値がある。

購入データ

人気グレード:プレミアムエディション 236万円
JC08モード燃費:21.6km/L
最大値引き:22万~23万円
納期:1.5ヶ月

ホンダ ヴェゼルハイブリッド

●JC08モード燃費:27.0km/L~21.6km/L
●プライスゾーン:226万~274万6000円

フィットのプラットフォームを使ったSUVだが、サスペンションはオデッセイと共通性が高い。走行安定性は満足できる。

1モーター方式のi-DCDハイブリッドも走り志向だ。4WD・XのJC08モード燃費は23.2km/Lにとどまるが、直噴式の採用もあって、モーターの駆動力と合計したシステム最高出力は152馬力、加速力は2Lエンジンに匹敵する。乗り心地は発売当初は硬かったが、改良を受け、日本の道路環境に合ったスポーティSUVとして注目される。プラットフォームがフィットと共通なので、後席や荷室が広いこともメリットだ。

購入データ

人気グレード:ハイブリッドZ 258万8000円
JC08モード燃費:27.0km/L~21.6km/L
最大値引き:16万~17万円
納期:2ヶ月

マツダ アクセラハイブリッド

●JC08モード燃費:30.8km/L~28.0km/L
●プライスゾーン:247万3200~281万3400円

アクセラはディーゼルの印象が強いがハイブリッドも選べる。トヨタ製の2モーター方式にマツダの2Lエンジンを組み合わせた。システムの成り立ちもハイブリッド的だ。

動力性能は先代プリウスと同じ。開発者は「最良の開発を行なったら結果的に同じ数値になった」という。ただしJC08モード燃費の30.8km/Lは異なる。

EVドライブモードを設けないなどマツダ流の味付けをほどこし、ステアリングやブレーキの操作感は、先代プリウスにくらべると自然な印象だ。マツダに合うのはディーゼルだが、ハイブリッドも異質な組み合わせで興味深い。

購入データ

人気グレード:ハイブリッドS 258万6600円
JC08モード燃費:30.8km/L~28.0km/L
最大値引き:19万~20万円
納期:1.5ヶ月

トヨタ プリウス

●JC08モード燃費:40.8km/L~34.0km/L
●プライスゾーン:242万9018~339万4145円

2015年12月に一新されたハイブリッドの代表車種。JC08モード燃費は、売れ筋グレードでもアクアを超える37.2km/L。燃費スペシャルのEなら40.8km/Lだ。

後席は腰が落ち込んで膝が持ち上がり、斜め後方の視界も良くない。A以上に備わるホワイトのセンターコンソールは、洗面所を連想させる。選ぶ時の注意点は少なくないが、先代型の手ごたえが乏しい操舵感、曲がりにくく感じた安定性、粗さがともなった乗り心地などは改善されている。

さらに高速域まで作動する緊急自動ブレーキも採用され、総合的には最も買い得なハイブリッドとなった。

購入データ

人気グレード:S 247万9091円
JC08モード燃費:40.8km~34.0km
最大値引き:12万~13万円
納期:4~6ヶ月

日産 セレナSハイブリッド

●JC08モード燃費:16.0km/L~15.4km/L
●プライスゾーン:245万2680~290万9520円

ハイブリッドの名称はつくが、仕組みはソリオのISGとほぼ同じマイルドハイブリッドだ。エコモーターが、アイドリングストップ後の再始動/減速時の発電/駆動力の支援(ハイブリッド機能)を兼任する。

モーターの最高出力は2.4馬力だから、その作動はほとんど体感できない。JC08モード燃費は、安全装備を充実させた買得グレードが15.4km/L。ヴォクシー&ノアのノーマルエンジン搭載車とほぼ同じだ。だからハイブリッドの機能には期待できないが、価格も割安。

人気グレードのVセレクション+SafetyⅡは、歩行者も見分けるカメラ方式の緊急自動ブレーキを装着して、279万円少々になる。

購入データ

人気グレード:ハイウェイスターVセレクション+SafetyⅡ 279万9360円
JC08モード燃費:16.0km/L~15.4km/L
最大値引き:32万~33万円
納期:1ヶ月

トヨタ プリウスα

●JC08モード燃費:26.2km/L
●プライスゾーン:247万9091~338万4327円

先代プリウスをベースに開発されたワゴン風のハイブリッド専用車。後席の頭上と足元の空間、荷室を拡大して、快適性と使い勝手を高めた。7人乗りは駆動用電池をリチウムイオンに変更して前席の中央に搭載。3列目の足元空間を確保している。

それでも3列目は補助席だが、短距離を稀に多人数で移動する程度なら、背の高いミニバンに比べて無駄が少ない。乗り心地は先代プリウスよりは快適だったが、新型と比べると優位性が薄れる。荷室も新型プリウスでは拡大されたから、プリウスαを検討するなら細かく比較するといいだろう。

購入データ

人気グレード:S 262万2437円
JC08モード燃費:26.2km/L
最大値引き:21万~22万円
納期:1ヶ月

トヨタ シエンタ

●JC08モード燃費:27.2km/L
●プライスゾーン:222万6763~232万9855円

2015年に発売された新型車の中で、シエンタは予想外のヒット作になった。1ヶ月の販売目標は7000台だが、受給開始の前倒しもあって発売の1ヶ月後には4万9000台を受注。納期は最長で半年まで遅延した。

人気の理由は薄型燃料タンクによる広い室内だ。車内後部の床が低く、全高が1700mm以下のミニバンなのに、3列目に座っても膝の持ち上がる窮屈な姿勢にならない。3列目をたためば大容量の荷室になる。

さらに、ハイブリッドはJC08モード燃費が27.2km/Lに達しても走りもよく、家計を担う奥様への訴求力も強い。

購入データ

人気グレード:G 232万9855円
JC08モード燃費:27.2km/L
最大値引き:8万~9万円
納期:4ヶ月

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加