プリウス 予想を超えた燃費40.8km/L 納期はすでに4ヶ月待ち!

待望のニューモデルに車好きのみならず日本中の人々が熱い視線を送っている。ある種、異様なまでの人気を誇る新生プリウス。その最新情報を!

東京モーターショーでは日本を代表する天才打者、イチローとともに並んだ四代目となるプリウス。ついに生まれ変わったその新型が、12月9日に発売された。プリウスといえば、日本で最も売れているベストセラーの一つであり、そのモデルチェンジとあって世間の関心も絶大。

実際、大量の受注が見込まれているにもかかわらず、既に納期は4ヶ月待ちという状況になっているのだった。そんな新型プリウス、実際に買うならどのグレードがいいのか?値引きは?などなどをお伝えします。

新型プリウス、「買い」のグレードはこれだ!

4WDの価格は2WDより19万4400円高く、この差額はプレミオなどと同等だ。乗用車に用意される4WDの平均水準に収まる。先代型と価格が最も異なるのは最廉価のE(242万9018円)で、先代Lにくらべると約20万円高い。

価格が大幅に上昇した理由は、JC08モード燃費を40.8km/Lするためにリチウムイオン電池を搭載し、バイビームLEDヘッドランプなども備えたからだ。とはいえ軽量化とコスト低減のためにリアワイパーなどが省かれ、一般的な選択ではない。

そこで推奨される買い得グレードがS(247万9091円)になる。Eにリアワイパー、トノカバー、後輪側のスタビライザーなどを加え、シート生地も上級化した。9万円相当の価値を加えて、価格上昇は5万73円におさまる。差額の4万円は、駆動用電池がEがリチウムイオン、Sではニッケル水素になった影響と考えれば良い。Sは大量に売るため、駆動用電池を含めてコストを下げた。

ちなみに新型Sの価格を先代Sとくらべると9万2805円高い。装備の違いを差し引きすればどう水準だから、値上げ額の約9万円が先代型と新型の本質的な価格差になる。

2番目に買いなのは?

Sツーリングセレクションは、アルミホイールが17インチ化されて足回りの設定も変わり、リアバンパーの形状も異なる。シート生地には合成皮革を採用した。これらを価格換算すると約10万円だが、価格上昇は14万9237円だから約5万円割高だ。

なのでSツーリングセレクションは買得ではないが、走行安定性が高まる。また17インチタイヤの指定空気圧が15インチに比べて前後とも各3kPa低いこともあり、乗り心地の重厚感も増した。Sと乗り比べて魅力を感じたなら選ぶ価値がある。

また先代Sツーリングセレクションは新型以上に割高で、新旧で比べると3万6327円しか高まっていない。Sの次に買得なのがSツーリングセレクションになる。この2グレードに緊急自動ブレーキを作動出来るトヨタセーフティセンスP(8万6400円)などをオプション装着する買い方がベストだ。

なお上級のAはSより29万8472円高いが、加わる装備の換算額は25万5000円。Aはリチウムイオン電池を採用するため、Eと同じく価格が約4万円割高になるのがマイナス点。ただしAには後方の並走車両を警報するブラインドスポットモニターなどが備わり、Sではオプションでも装着できない。安全装備を重視するならAとAツーリングセレクションも検討したい。

新型プリウス 全グレード価格表

グレード 駆動方式 価格 JC08モード燃費(km/L)
E FF 242万9018円 40.8
S
FF 247万9091円 37.2
4WD 267万3491円 34.0
Sツーリングセレクション
FF 262万8327円 37.2
4WD 282万2727円 34.0
A
FF 277万7563円 37.2
4WD 297万1963円 34.0
Aツーリングセレクション
FF 292万6800円 37.2
4WD 312万1200円 34.0
Aプレミアム
FF 310万7455円 37.2
4WD 330万1855円 34.0
Aプレミアム
ツーリングセレクション
FF 319万9745円 37.2
4WD 339万4145円 34.0

●価格は242万9018円~339万4145円

お買得グレード

●1位:S 247万9091円
●2位:Sツーリングセレクション 262万8327円
●3位:A 277万7563円

値引きについて

残念ながら、現段階では本体値引きはゼロ。5万円~10万円相当のオプションサービスありと言うところだ。

今の愛車7年落ち下取り査定ゼロ・・・でも!
>>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<<

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加