ステップワゴンハイブリッドは1.5Lで追加投入

昨年4月にフルモデルチェンジした主軸モデルのステップワゴンが苦戦を強いられています。新開発1.5Lダウンサイジングターボによる低燃費&高性能の両立、リアドアからの乗降を考えたわくわくゲートを採用した使い勝手の向上などが売りでした。

ところが販売は思ったように伸びず、15年1年間の登録実績ではヴォクシー、セレナ、ノアに次いで4番手にとどまっています。本来であればモデルが古く、需要一巡状態のライバル3車を抜き同クラスのトップセラーに浮上するはずでした。それが達成できていないのはハイブリッド車を設定していないのがネックと販売店の営業担当者は指摘しています。同モデルのハイブリッド車設定は1年後の今年4月あたりと予想されていましたが、今のところまだその動きは明らかになっていません。

しかしながら開発に取り組んでいるのは間違いありません。そこでホンダが持っている1.5L2クラッチと2L2モーター方式のどちらをチョイスすべきかですが、現在までの情報では1.5Lの方が有力となっています。タイミング的にはセレナが一新する今年8月頃が考えられます。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加