今年末にもヴィッツに待望のハイブリッドモデルを追加設定か

首都圏にあるネッツ店からの情報によると今年末にもヴィッツに待望のハイブリッドモデルを追加設定する可能性があるとのことです。ヴィッツハイブリッドに搭載されるパワートレインは現行アクアと同じ1.5Lに2モーター&ニッケル水素バッテリーを組み合わせた移植ユニットです。

ヴィッツハイブリッドはアクアよりボディサイズが一回り小さく、軽量なことからJC08モード燃費は40km/L超えとなる可能性があり、こうなるとヴィッツ全シリーズはかなりの販売増が見込まれます。

ちなみに現行ヴィッツは発売後5年以上が経過し、月販台数は6000台程度に落ち込んでいます。ハイブリッド車を追加すれば一万台規模に回復する可能性があります。ただ、現段階ではネッツ店各社にはメーカーからの正式名通達は届いていない状況です。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加