スポンサーリンク

新型GT-R V6、3Lツインターボハイブリッドで19年デビュー

17年モデルがまだ正式に発売もされていない今、次期GT-Rの動向を探るのは難しい。これまでも確定的に思われたものが数ヶ月後には変化していたり、次期GT-Rは動きが読みにくい車の筆頭に近い存在だ。

そんな中でも搭載エンジンに関しては確定的で、新開発のVR30DETT、V6、3Lツインターボが積まれるのはほぼ間違いない。国内(いわき工場)で2月から生産を開始した日産久々の新ユニットで、304ps/40.7kgm仕様と405ps/48.4kgm仕様の二つが設定される。

GT-Rの場合はもちろんハイパワー仕様となるが、同じ6気筒の3Lターボを積むポルシェ911カレラSが420ps/51.0kgmのスペックとなっているから、さらに改良を加えてそれを超えてくるのは確実。その上で昨年のル・マン24時間レースに挑戦したGT-R LMニスモで使われていたハイブリッドシステムを進化させて採用してくる可能性も高い。デビューは19年を目指しているが、20年になる可能性もある。デザインは未来的な方向となりそうだ。

GT-R予想スペック

全長☓全幅☓全高(mm) 4750☓1900☓1370
ホイールベース(mm) 2800
エンジン V6DOHC、
2997ccターボ+モーター
システム出力(ps) 600
トランスミッション 9DCT
JC08モード燃費(km/L) 18.0
価格 1500万~1800万円

 

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

GT-R ハイブリッド 日産
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました