スポンサーリンク

スズキは新開発1Lダウンサイジングターボエンジン搭載車に今後注目

スズキが発表した新小型ハッチバック車「バレーノ」は1.2Lモデルが発表同日の3月9日に発売、新開発の1Lターボモデルは5月13日から発売します。

バレーノは国内で開発しましたが、組み立てはインドの工場で行われている輸入モデルです。ところが1Lターボユニットは国内で生産、インドに供給しており、同エンジンユニットだけは完全な逆輸入となっています。

ここで注目したいのはこの1Lターボユニットが今後、次期型スイフト、スイフトスポーツ、イグニス、エスクードなど、その他のコンパクトカーへの搭載が期待されることです。バレーノは当面、1.2L NAと1Lターボ車の販売構成比を半分ずつと見込んでいます。つまりそれだけ1Lターボ車への期待が大きいと言えます。

こうしたことから1Lターボユニットは将来、スズキのコンパクトカーのリード役の一端を担うかもしれません。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

スズキ ターボ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました