スポンサーリンク

フェラーリF40 御大エンツォの生前最後のスペチアーレ

フェラーリにはスタンダードモデルとは別に「特別なモデル」という意味のスペチアーレと呼ばれる系譜の車たちがある。

フェラーリF40はスペチアーレの1台であり、フェラーリ社40周年を記念するモデルでもある。また結果的にフェラーリ社の祖、エンツォ・フェラーリが手がけた最後の車になった。1987年7月21日にフェラーリの本拠、マラネロで開かれたF40のお披露目には御大エンツォも出席。華々しく、堂々たるスペチアーレのデビューだった。

ところでF40にフェラーリがつけた価格は25万USドル。当時のレートで日本円ならおよそ3250万円ほどだった。それでも全世界から注文が殺到した。フェラーリ側には400台という製造予定数もあったと言う。が、最終的には1351台もの、スペチアーレとしては異例の大量生産になってしまった。フェラーリはF40での経験を活かし、後続のスペチアーレでは、徹底した受注管理を行うことになる。

その一方で、F40は当時、優秀な動産として、フェラーリの決めた定価を全く無視した高騰劇に巻き込まれた。日本でもとんでもない値段をつけ、ピーク時には2億円とも3億円とも言われる高値で取引された。

エンツォ・フェラーリがF40の開発にあたって決めたコンセプトは「そのままでレースに出られる市販車」ということ。当時のフェラーリF1ドライバーもF40の開発に関わっている。

メインは従来のスペースフレーム構造だが、当時、最新のカーボン技術をふんだんに採り入れ、徹底的な軽量化が進められた結果、総重量は約1.1tに抑えられている。

エンジンは2936ccv型8気筒DOHC+ツインターボ。478ps/7000rpm、58.8kgm/4000rpmを発生し、公表された最高速度は、当時、史上最速の324km/h。

エクステリア同様に、インテリアも走り優先のレーシーな仕上がり。数億円もの値をつけた超高額な車とは思えない。しかし、そこがいい。F40からは、リアルなレーシングマシンなどのLMなど、走りに特化したモデルも派生している。

1989 フェラーリ F40

全長☓全幅☓全高(mm) 4430☓1980☓1130
ホイールベース(mm) 2450
車両重量(kg) 1100
エンジン V8 DOHC+ツインターボ2936cc
最高出力(ps/rpm) 478/7000
最大トルク(kgm/rpm) 58.8/4000
ミッション 5速MT
最高速度(km/h) 324
0→100km/h加速 4.1秒
価格(当時) 25万USドル
当時のレート1ドル130円で3250万円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

フェラーリ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました