スポンサーリンク

新型N-BOX 細部を徹底ブラッシュアップ 燃費も走りもグンと進化

11年12月にデビューしたN-BOXは、ホンダの新世代型自動車への変革をアピールするモデル。その後N-BOX+が12年7月に加わり、11月にNシリーズ第3弾となるN-ONEが登場。さらに13年11月には中核モデルとなるハイトワゴンのN-WGNが加わりラインアップを強化した。その後14年12月にはN-BOXスラッシュが加わり、Nシリーズが完成した。開発を統括する浅木LPLはスラッシュのデビュー時、「これでシリーズは一通り揃ったので、次は一巡してブラッシュアップです」という趣旨の発言をしている。

次期型N-BOXは基本的にはキープコンセプトで、使い勝手や操縦安定性能、内外装のクオリティアップなどを磨き上げてくる。まずは来年12月にN-BOXがフルモデルチェンジ、その後18年前半にN-ONE、19年にN-WGNというスケジュールになるだろう。

N-BOX予想スペック

全長☓全幅☓全高(mm) 3395☓1475☓1780
ホイールベース(mm) 2520
パワーユニット 直3DOHC、6586cc
最高出力(ps/rpm) 58/7300
最大トルク(kgm/rpm) 6.6/4700
トランスミッション CVT
JC08モード燃費(km/L) 27.5
価格 120万~140万円

 

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ホンダ モデルチェンジ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました