スポンサーリンク

ポルシェ959 グループBのためのホモロゲ取得モデル

ポルシェ959のデビューは正式には1986年。当時のWRCのトップカテゴリー、グループBのホモロゲーションを取得するのが目的で、200台の予定で製造されることになっていた。

959のボディサイズは、全長4260×全幅1840×全高1260mm。スポーツカーレースに参加していたポルシェのグループCカー、956や962のような流麗なデザインだ。エンジンも956、962の流れをくんだ2848cc水平対向6気筒DOHC+ツインターボ。最高出力は450ps/6500rpm、最大トルクは50.98kgm/5000rpmを発生する。

959の駆動方式は全輪を駆動する4WD。当時としては最先端のコンピューター制御システムを搭載し、各車輪へのトルク配分やエンジンの出力制御など、高度なコントロールを可能にしていた。ミッションはスーパーロー+5速の計6速。

しかし一方で、特にコンフォートというグレードは、あくまでも市販車としてハイグレードな車に仕上がっている。パワステ、パワーウインドウ、パワーシートに加えて、高音質のオーディオをインストールし、エレガントな本革シートだった。

ところでポルシェ959は、それまでのスポーツカーのイメージも4WDに対する印象も、すっかり変えてしまった車だといえる。

1986年のパリ・ダカールラリーでは優勝、2位、さらにサポートカー役のマシンまで6位に入賞し、同じ年のルマン24時間レースでも、ポルシェ961として出場したマシンがクラス優勝かつ総合7位の好成績をあげた。四輪駆動による重量増や複雑化などのデメリットを差し引いても、ポルシェ959と言う4WDスポーツカーの戦闘力の高さはずば抜けていて、その強さをまざまざと見せつけたのだ。そして他メーカーも次々と四輪駆動をスポーツカーに採用することになる。

このポルシェ959は、前述したように200台の予定で製造されるはずだったが、42万ドイツマルク(約3360万円)という高額にも関わらず、購入希望者がさばききれない事態になった。結局1989年までに283台が作られた。

1987 ポルシェ959 Komfort

全長☓全幅☓全高(mm) 4260☓1840☓1260
ホイールベース(mm) 2300
車両重量(kg) 1640
エンジン 水平対向6気筒+ツインターボ
2848cc
最高出力(ps/rpm) 450/6500
最大トルク(kgm/rpm) 50.98/5000
ミッション 6速MT
最高速度(km/h) 317
0→100km/h加速 4.7秒
価格(当時) 42万ドイツマルク
当時のレート1マルク80円で3360万円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ポルシェ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました