スポンサーリンク

次期型セレナは8月下旬に発表、9月上旬に発売

次期型セレナは8月下旬に発表、9月上旬に発売の方向でスケジュール調整を進めています。EV走行が可能なストロングハイブリッドは17年2~3月に追加する見込みです。6月末には首都圏地区にある傘下の日産店の営業関係者を横浜にあるグローバル本社に招集し、商品説明会を実施する模様。以降ティザーキャンペーンをスタートさせるものと思われます。

新シリーズは、基本的にはキープコンセプトで進化させると伝えられています。現行のパワーユニットである2L直噴&モーターアシスト付きのマイルドハイブリッドシステムはボディの軽量化技術進展と合わせ、大幅な手直しが施されて同クラス最高の低燃費を実現します。

遅れて追加するストロングハイブリッドは新開発の1.2Lターボと1モーター&2クラッチの組み合わせとなる見込みです。しかしながら販売店筋では現在エクストレイルに搭載している2Lエンジンと1モーター&2クラッチ方式の方がより引き合いが多く売りやすいという見方もあり、最終的に日産開発陣がどちらを選んでいるかも注目されます。

国産車の自動運転技術も導入されます。これによって同シリーズは再び同クラスでのトップセラーモデル獲得を目指すことになります。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

セレナ 日産
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました