スポンサーリンク

スバル レヴォーグのおすすめグレードはどれ?

スバル

スバルレヴォーグは2014年4月15日登場。2016年5月販売台数1820台となっています。

グレード別販売構成比上位5グレード

  1. 1.6GT-Sアイサイト:35.9%
  2. 1.6GTアイサイトSスタイル:18.3%
  3. 1.6GTアイサイト プラウドエディション:18.0%
  4. 2.0GT-Sアイサイト:11.6%
  5. 1.6GT-Sアイサイト プラウドエディション:7.7%

640px-Subaru_LEVORG_1.6GT_EyeSight_(VM4)_front

人気ボディカラー

  1. クリスタルホワイト・パール:35.5%
  2. ラピスブルー・パール:13.8%
  3. スティールブルーグレー・メタリック:13.5%

この車のポイント

大きくしすぎたレガシィに対してこちらは日本でも使いやすいサイズ。それにスバルならではのスポーティな走りが楽しめる。グレード構成はシンプルで1.6L、2L合わせて4グレード設定。全車アイサイト付きだ。

ズバリおすすめグレードは「1.6GTアイサイト」277万5600円

2Lターボの2.0GT-Sアイサイトは、1.6Lターボの1.6GT-Sアイサイトに比べて価格は約50万円高い。装備ではシート表皮が上級化してアイドリングストップは省かれ、実質5万円の違いだ。となれば2LターボとVTD-AWD(1.6LターボはアクティブトルクスプリットAWD)の対価は45万円で、やや高額になる。

ちなみにフォレスターでは、装備の違いを補正すると、2Lの自然吸気エンジンと比べた2Lターボの価格上昇が実質16万円に収まる。フォレスターはターボもアクティブトルクスプリット AWDで、2Lターボの性能はレボーグよりも低い。従って差し引いて考える必要はあるが、ターボを備えない2Lエンジンと比べて16万円の上乗せなら安い。レヴォーグの2Lターボは身内と比べても割高だ。

1.6Lターボで買得なのは実用装備を過不足なく充実させた1.6GTアイサイトだが、約13万円高い同Sスタイルも、加わる装備と価格上昇のバランスが良く割高ではない。

 

【広告】


スバルレヴォーグ1.6GTアイサイト主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4690☓1780☓1485
ホイールベース(mm) 2650
車両重量(kg) 1530
エンジン 水平対向4気筒DOHCターボ
排気量(cc) 1599
最高出力(ps/rpm) 170/4800-5600
最大トルク(kgm/rpm) 25.5/1800-4800
トランスミッション CVT
JC08モード燃費(km/L) 17.6

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

スバル レヴォーグ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました