メーカー直系スポーツモデル一覧

現在メーカー本体が主導して直系ワークスチューニングブランドとして存在しているのはトヨタの「GR」、日産の「NISMO」、そしてスバルの「STI」の3ブランドだ。

NISMOは元々日産のモータースポーツ部門が子会社として独立した「ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル」の略称。

NISMOブランドはモータースポーツファン、さらに80年代からの日産車ファンには根強い支持を得ていた一方、広く一般的に知られる存在ではなかった。

これを再構築して日産本体との連携を密にして、戦略的に商品展開して行こうとしたのが現在のNISMOモデルである。

2013年にマーチNISMOやフェアレディZ NISMOがデビューし、さらにジュークやノートなどにも拡大している。

この成り立ちは、例えばベンツのAMGやBMWのMなどと似ている。

元々はモータースポーツ部門だったものが、本体メーカーのスポーツモデルブランドとなって成長し、認知されていった。

この例にならったのが9月19日に一気11モデルの発表とともに立ち上がったトヨタの「GR」なのだ。

スバルにおけるSTIも同様だ。

インプレッサのラリーベース車としてSTIバージョンが登場し、今ではWRXのスポーツモデルのグレードとして「STI」が存在している。

一方で独自のコンプリートカーシリーズも今後の拡充に期待が集まる。

【広告】


トヨタGR 一気に11モデル投入トヨタの熱き魂で開発

ヴィッツGRスポーツ

ガソリンモデルの搭載エンジンはヴィッツGRと同一。

スポット溶接の打点追加が行われ、フロア下空力パーツを備える。

HVも用意される。

価格:208万7640円(1.5L NA)、232万9560円(ハイブリッド)

マークX GRスポーツ

エンジンには手が入らずとも3.5Lエンジン搭載車を選べばパワー318psと十分以上。

ノーマルの86より豪快なドリフトが楽しめる一台。

価格:442万8000円(350RDS)、380万9160円(250S)

ハリアーGRスポーツ

ボディ剛性の向上+35mmのローダウンで、走行性能が大きく引き上げられたハリアー。

ハンドリングの味付けもノーマルから変えられている。

価格:339万8760円(2L NA、FF)、359万3160円(2L NA、4WD)、
399万6000円(2Lターボ、4WD)

ヴィッツGRMN

212ps/25.3kgm発生の1.8Lスーパーチャージャーエンジンを搭載。

6速MT+ザックス製サス装備で来春登場。

価格は400万円級の予想。

86GR

リアサスメンバーブレースなどでボディを補強し、サスはザックス製を採用。

エンジンはノーマルながら標準とは次元の異なる走りを見せる。

今冬発売予定。

プリウスPHV GRスポーツ

ボディの変形やねじれを抑制する剛性アップパーツ装備で、ステアリング応答性が向上。

走りの楽しさが大きく高められた、攻めのHVだ。

価格:371万1960~411万6960円

プリウスα GRスポーツ

先代プリウスベースのミニバンタイプモデルだが、ボディ補強パーツ、空力パーツの装着などで、走りの性能は大きくアップデートされた。

今冬発売予定。

ヴィッツGR

109ps/14.1kgm(MT)を発生する1.5Lエンジンを補強されたボディに搭載。

ミッションは5MTとCVTが用意され、CVTは10速モード付き。

価格:230万3640円

ノア/ヴォクシーGRスポーツ

多数の専用内外装パーツや、剛性アップパーツ、フロア下空力パーツなどを装着。

専用チューニングサスで、サーキットも気持ちよく走れる。

価格:325万7280円

アクアGRスポーツ

他のGRスポーツモデル同様、パワーユニットには手が入らないが、足回りの変更などで走りの評価も高い一台。

今冬発売予定

【広告】


日産NISMO モースポブランドからプレミアムへの脱却

ノートNISMO S

専用チューンが施された140ps/16.6kgm発生の1.6Lエンジン搭載。

ミッションは5速MTを採用する。

ボディの補強なども当然行われる。

価格:232万8480円

マーチNISMO

スポーティな専用エアロと専用サスペンションを装備。

エンジンはノーマル同様の79ps/10.6kgm発生の1.2Lで、CVTが組み合わされる。

価格:160万3800円

ノートNISMO

ノートNISMO S同様の外観だが、こちらは98ps/14.5kgm発生の1.2Lスーパーチャージャーエンジンを搭載し、ミッションはCVTを採用する。

価格:210万600円

ノートe-POWER NISMO

パワーユニットはノーマルから変わらないが、ECUの変更によりNISMOモデルらしい走りを披露する。

モーター駆動ゆえの加速の鋭さが魅力。

価格:246万4560円

マーチNISMO S

116ps/15.9kgm発生の1.5Lエンジンを搭載し、ミッションには5速MTが採用される走りのマーチ。

専用サス他ボディ補強パーツも装備。

価格:184万2480円

GT-R NISMO

600ps/66.5kgmを発生する3.8LのV6ツインターボエンジンを搭載。

世界のスーパースポーツを相手に戦えるだけの高い実力を備えている。

価格:1870万200円

ジュークNISMO

190ps/24.5kgm発生の1.6L、直4ターボエンジンを、専用エアロをまとったボディに搭載。

ミッションは7速MTモード付CVT。

価格:297万1080円

フェアレディZ NISMO

搭載する3.7LのV6エンジンはノーマル+19psとなる355psを発生。

専用エアロ、ボディ補強パーツも多数装備し、優れた走行性能を発揮。

価格:629万3160~640万1160円

ジュークNISMO RS

ジュークNISMO同様の外観だが、こちらのエンジンには専用チューンが施され、214ps/25.5kgmを発生。

サスペンションも専用となる。

価格:346万8960円

スバルSTI スバル車をより本格派スポーツに進化

WRX STI

308ps/43.0kgm発生の水平対向2Lエンジンを搭載。

5月に行われたマイナーチェンジで、新電子制御マルチモードDCCDを搭載。

ハンドリングが向上した。

価格:386万6400~406万800円

S208

STIのトップエンドモデル、”S”シリーズの最新版。

329psの最高出力とカーボンルーフによる低重心化などで、走行性能が向上。

10月25日正式発表

BRZ STIスポーツ

スポーティなハンドリングと上質な乗り心地を両立したERZの最上級グレード。

足回りにはザックス製のサスペンションが奢られる。

10月25日正式発表

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加