マツダの次世代!スカイアクティブ、ロータリーエンジンは?

スカイアクティブ戦略は次世代に突入。REはどうなる?新たなSKYACTIV技術が投入されるアテンザ。ロータリースポーツは燃費大幅アップで登場?

モーターに頼らず燃費向上を果たしたSKYACTIV技術で、車好きから喝采を浴びるマツダ。そのSKYACTIV技術もついに第二世代へと突入する。

その嚆矢となるのが、次期型CX-5及びアテンザだ。流麗なデザインはそのままに、燃費が大きく向上すると言うから期待せずにはいられない。

またマツダの象徴、ロータリーエンジンの今後も気になるところ。新たな燃費改善技術を開発中と言うから、痛快な走りと好燃費を両立したモデルが出てくるはず。

NEWアテンザ デビュー時期2018年

新型アテンザはハイブリッド超えの燃費を実現?

ガソリンエンジンをディーゼルエンジンのように自己着火させるHCCI(予混合自己着火)技術を開発中のマツダ。

この技術をものにできれば燃費を大きく向上、25.0km/L超えも可能だという。また、ガソリンの2.5Lターボを新設定するという話もある。

新型ロータリースポーツ デビュー時期2019年

ターボを装着しながら燃費も大きく改善!

ターボが架装されることが判明した新世代REエンジン。心配される燃費も新技術の開発が進んでいるということで、2019年にはパワーと燃費を両立させた、新型ロータリー搭載車が姿を現すだろう。

CX-4 デビュー時期2017年3月

スタイリッシュな上級SUVは日本市場にも導入される!

中国市場をメインにしたSUVだが日本にも導入される可能性が高い。2Lガソリンと2.2Lディーゼルの2種のエンジンがあるが、日本は2.2Lディーゼルのみか?

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加