スバル WRX STI、XVハイブリッド、フォレスター投入

新プラットフォームSGP採用の新車が続々とデビュー。新型インプレッサに続いてSTI、XV、フォレスターと注目モデルが17年~18年にかけてデビュー。

今月13日発表の次世代プラットフォームを採用した新型インプレッサをベースにした、WRX STIとXV&XVハイブリッドが来年登場する。

STIはエンジンがEJ20からFA20に変わるのが見もの。XVハイブリッドはプリウスから流用したストロングハイブリッドにメカニカルAWDを組み合わせ、インプレッサHVに搭載された後、18年に登場を予定している。

さらにHV、PHVもラインアップされる新型フォレスターにも注目。この2年以内にスバルが大幅に生まれ変わる。

【広告】


NEW WRX STI デビュー時期2017年秋

登場は来年秋。EJ20FA20へ2Lターボ+6MTで310ps/43.0kgm

次期WRX STIは新しいスバル・グローバル・プラットフォームを採用した新型インプレッサをベースに開発。

ボディ剛性は旧型比1.7倍、上屋とシャシーをつなぐAピラー下の部分を強化し、リアサスペンションのボディー直付などSTIになったらどこまでよくなるのかと期待が高まる。

ポイントはEJ20に代わるエンジンにFA20ターボが採用されるかどうかだ。現状、S4のFA20ターボは300ps/40.8kgmだが、STIに搭載するにあたり310ps/43.0kgmまで引き上げられる見込み。トランスミッションは6MTだ。

  • 高いボディ剛性を持つノーマルのインプレッサからさらにモータースポーツ向けに強化される見込み。

NEW XVハイブリッド デビュー時期2018年秋

新型インプレッサスポーツをベースにクロスオーバー化

この10月にデビューする新型インプレッサスポーツベースのクロスオーバーSUVとなるXV。注目のXVハイブリッドは、来年新型インプレッサに搭載されるストロングハイブリッドがXVハイブリッドにも搭載され18年に登場。ハイブリッドシステムは現行プリウスなどに展開されている横置きの分割機構を使う。

NEWフォレスター デビュー時期2017年11月

VIZIVフューチャーコンセプトがそのまま市販型に

来年デビュー予定の次期フォレスターのデザインは、昨年の東京モーターショーに出展されたVIZIVフューチャーコンセプトをほぼ市販型にしたままで登場する。

もちろん、新プラットフォーム、SGPを採用し、ハイブリッドの他、PHVもラインアップされる。EV走行は60km以上になり燃費が大きく進化。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加