スポンサーリンク

1.4Lターボ搭載のロードスター FIAT124スパイダーデビュー

日本時間11月19日午前3時、ロサンゼルスオートショーで、オリジナルのデビューから実に49年の時を経て新しい124スパイダーが登場した。

今の愛車7年落ち下取り査定ゼロ・・・でも!
>>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<<

 

すでに伝えられているように、ベースとなったのはマツダロードスター(ND型)。とはいえ両車共用を前提に開発された基本プラットフォームが使用されるに過ぎず、エクステリアデザインは初代124スパイダーをイメージしたフィアットの完全オリジナルデザインだし、搭載されるエンジンはこれまたフィアットが独自に開発した直列4気筒1.4Lマルチエアターボ。

ドアからリアフェンダーにかけてはロードスターとの共通性を感じるラインだが、リアスタイルはテールエンドを大きく絞ったロードスターに対し、124スパイダーは絞り込みが少なく、むしろNC型ロードスターの雰囲気に近い印象。トランクスペースはマツダロードスターよりも広くとっているとのことだ。

搭載されるマルチエアターボエンジンはボア72mm☓ストローク84mmの1368ccで最高出力160ps、最大トルク25.4kgmを発揮。ND型ロードスターの1.5L NAは131ps/15.3kgmなので、大幅に動力性能は高まっている。ちなみに北米向けロードスターに搭載される2L NAのスペックは155ps/20.4kgmなので、これよりもパワフルだ。このエンジンはイタリア国内で生産されるという。

組み合わされるトランスミッションはマツダ内製の6速MTとアイシン製6速AT。サスペンションはフロント=ダブルウィッシュボーン、リア=マルチリンクでロードスターと形式を同じだが、フィアット独自のチューニングでロードスターとは異なるテイストに仕上げている。さてこのフィアット124スパイダー、日本導入はいつになるのか?

フィアット124スパイダー諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4054☓1740☓1232
ホイールベース(mm) 2309
車重(kg) 1105(6MT)、1123(6AT)
エンジン 直4SOHCマルチエアターボ
総排気量(cc) 1368
ボア☓ストローク(mm)、圧縮比 72.0☓84.0mm、9.8:1
最高出力(ps/rpm) 160/5500
最大トルク(kgm/rpm) 25.4/2500
トランスミッション 6MT/6AT
サスペンション(F/R) ダブルウィッシュボーン/マルチリンク
タイヤサイズ 195/50R16、205/45R17

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

フィアット マツダ ロードスター
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました