BMW i3、X1 xDrive 18d、3シリーズグランツーリスモ投入

BMWが9、10月に投入する車種のご紹介。

BMW i3 改良新型 10月1日発売

エネルギー密度を高めることでバッテリーサイズを変えずに33kWhの大容量を達成した新開発のリチウムイオンバッテリーを搭載する。

一充電走行距離は従来モデルと比較して70%アップの390km(JC08モード)と、大幅な航続距離の延長を実現している。

647ccの発電用エンジンを備えたレンジエクステンダー装着車は、走行中にエンジンが発電し、航続可能距離が121km延長され、合計で511kmの走行が可能となった。

  • インテリアを一新。「アトリエ」「ロッジ」「スイート」の3つのデザインパッケージから選択が可能になった。
  • 価格:499万~486万円

BMW X1 xDrive 18d モデル追加 10月1日発売

ディーゼルエンジン搭載モデル「BMW X1 xDrive 18d」が発売された。BMWの新世代2L直列4気筒クリーンディーゼルエンジン(150ps/33.7kgm)を搭載し、8速ATやエンジンオートスタート/ストップ機能を組み合わせることで、パワフルな走りを可能にしながらもJC08モード燃費19.6km/Lとクラストップレベルの低燃費を実現している。

  • ディーゼルエンジンならではの力強いトルクを、4輪で路面に伝えるxDriveシステムを搭載している。
  • 価格:440万~486万円

BMW 3シリーズ グランツーリスモ 改良新型 10月1日発売

新世代のコロナ・リング・デザインを採用したLEDヘッドライトやLEDリアコンビネーションライトなどで、より存在感を際立たせた「BMW 3シリーズ グランツーリスモ」が発売された。

エンジンは平成32年度燃費基準を達成している、新世代2L直列4気筒ツインパワー・ターボガソリンエンジン(184ps/27.5kgm)を搭載し、よりパワフルでよりクリーンに生まれ変わっている。

  • 「M Sport」モデルでは、グレー塗装の19インチホイールや、Mパフォーマンス キドニーグリルを装着。
  • 価格:633万~639万円

BMW「ドライスイッヒ・ヤーレ M3」特別限定車 9月30日発売

初代BMW M3の登場から30年を記念した特別限定車「30 Jahre(ドライスイッヒ・ヤーレ)M3」が30台限定で発売された。

初代BMW M3の特別色だった「マカオ・ブルーメタリック」や専用装備を身にまとうことで、輝かしい歴史を記念した特別感のある1台となっている。

  • 購入希望予約の受付を行い、希望者多数の場合は購入者当選者を抽選にて決定する。(10月末から納車開始)
  • 価格:1340万円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加