スポンサーリンク

インプレッサG4 年次改良

昨年11月の年次改良で内外装のデザイン変更、インテリアの質感向上、足回りの変更により乗り心地の向上、静粛性が向上したが、今回は1.6LモデルにアイサイトVer.3を搭載した。

アイサイト、気になるんですよね~。それにしてもスバルは次々とアイサイト装着してますけど、やっぱり売れるんでしょうね。それで、アイサイトあるなら乗り換えようかな~ってことなら、ちょっとお得な簡単な方法あります。
それは、愛車を下取りに出す前に無料一括査定サイトで価格確認すればいいんです。
30万円くらいは高く売れると思いますよ!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

インプレッサG4、スポーツの1.6LモデルにアイサイトVer.3設定

インプレッサG4&スポーツは昨年11月25日の年次改良で、アイサイトがVer.3を採用したほか、足回りを改良し、軽快なハンドリングとしなやかな乗り心地を両立し、静粛性も向上。今回の年次改良では、1.6LのAWDモデルにもアイサイトVer.3を搭載。これにより最も安いアイサイトVer.3装着車はG4&スポーツともに1.6i-Lアイサイトの208万4400円。また、1.6LのアイサイトVer.3搭載モデルはタイヤとホイールを2Lモデルと同じ、205/55R16サイズ&フロント15インチ2ポッドベンチレーテッドブレーキとした。

 

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

インプレッサスバル
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました