スズキ ワゴンR、ジムニー、スペーシアがモデルチェンジ!

ついに軽自動車の主役モデルがモデルチェンジ。今年は、イグニスとバレーノという新規の小型車を発売したスズキだが、来年には主力の軽自動車が続々とフルモデルチェンジする。

燃費計測の不正問題によって自粛ムードが今も続いているスズキ。その為当初、今年の後半あたりからデビューする予定だったニューモデルが発売延期になっていたのだが、それが年末くらいからいよいよ発売になりそうだ。

年内に登場しそうなのは次期型スイフト。そして来年早々にもスズキ主力のワゴンRがフルモデルチェンジ。

その後には近年軽の売れ筋となっているスーパーハイトワゴンの次期型スペーシアの登場と続く。さらに18年にはジムニーのフルモデルチェンジも予想され、新車攻勢が進む。

【広告】


NEWワゴンR デビュー時期2017年1月

ミニ・ヴェルファイアルックに大変身。中身も新型プラットフォームで大進化

発売が予定より延期されたが、ワゴンRは来年早々にフルモデルチェンジしそうだ。注目はそのルックスで、デザインが大幅変更。

次期型も現行型同様に標準モデルとスティングレーの2タイプが設定されるが、そのデザインはまるでミニヴェルファイア。

さらに標準モデルでは上下2段のヘッドライトを採用していて、顔つきもヴェルファイア風。もちろん変わるのはデザインだけじゃなく、中身もアルト同様に新型プラットフォームを採用。S-エネチャージも進化して燃費はNAで35.0km/Lに迫ると言う。

  • ワゴンRスティングレーは縦長のヘッドライトと大型グリルで、より精悍なスタイルになる。エンジンは、NAとターボが設定され、どちらにもさらに進化させたS-エネチャージ採用の改良型エンジンが搭載される。

NEWジムニー デビュー時期2018年秋

ジムニーは最新のエンジンを搭載して現代に対応する

70年の誕生から現行型で3代目とロングセラーのジムニーだが、現行型モ98年の登場で、18年には一新する。

次期型はエンジンを従来のK6A型から最新のR06型直噴ターボに変更して、現在の環境性能に対応させるのがポイント。ラダーフレームを使った車体構造やパートタイム式4WDは次期型でも継承する。

NEWスペーシア デビュー時期2017年7月

新型プラットフォームによる軽量化で燃費も走りも向上

現行型が登場から4年を迎えるステーシアも来年夏頃のフルモデルチェンジを予定。次期型は、アルトで一新した新世代プラットフォームを採用するとともに軽量化も追求。

さらに進化型S-エネチャージの採用で、スーパーハイトクラスではトップの燃費性能を目指す。室内は後席の快適性などにより磨きがかかる。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加