ダイハツ コンパクトトールワゴン、ミラ、タント一新!

新型コンパクトに続いて軽自動車も続々と一新!ムーヴキャンパスが好調なダイハツは、年内はコンパクトトールワゴン、来年は軽自動車のモデルチェンジが控える。

今年、トヨタの完全子会社になったダイハツは、軽自動車でこれまで培ってきた生産技術をベースに、グループ内の小型車の開発を主導して進めることになった。

今後はトヨタの最新技術を活用した小型車作りが行われ、新たなダイハツ車へと生まれ変わることが期待できる。

その新生ダイハツのニューカー第一弾となるのが、トヨタとの姉妹車として誕生するパッソ/ブーン派生車の新型コンパクトトールワゴン。

そして、先進の低燃費技術を纏ってミラが一新。軽のトップセラーモデルのタントもモデルチェンジに近づいている。

【広告】


コンパクトトールワゴン デビュー時期2016年12月

ブーンベースのトールワゴンはターボエンジンも設定

現行型からダイハツ単独開発となったパッソ/ブーンをベースに新たに企画されたのが、このコンパクトトールワゴン。

ボディサイズは全長3700×全幅1670×全高1740mm。ライバルとなるスズキのソリオより全長が10mm短く、全幅が45mm広く、全高は5mm低い。

エンジンは1L 3気筒の自然吸気とターボをラインアップ。両側スライドドアを採用し、2列シートの5人乗りとなる。

NEWミラ デビュー時期2017年10月

新世代e:Sテクノロジーで燃費性能の大幅向上を狙う!

ミラはミライースと統合して一新することになりそうだ。エンジンは効率よく燃焼させる電磁波を利用した新開発の直列3気筒搭載。

ボディには適所に高張力鋼板や樹脂パーツも採用して軽量化を図りながら、新たな空力デザインを投入。これら新世代e:Sテクノロジーによって燃費はアルトを超える40.0km/Lが目標になる。

NEWタント デビュー時期2017年9月

人気のタントはキープコンセプトながら軽量化で深化!

現行型が13年に登場したタントは、好調な販売を続けているが、来年がフルモデルチェンジのタイミング。

次期型もキープコンセプトとなり、タント最大のウリである助手席側のセンターピラーをドアに内蔵して大開口を実現したミラクルオープンドアを継承。

高張力鋼板と樹脂パーツの使用率がさらに高められ、軽量化も進められる。自転車が積載できる広い室内も使い勝手がいっそうアップする。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加