スズキソリオ NEWハイブリッドの走りは?

最近のスズキはパワートレイン関連の技術革新が実にアグレッシブ。ワゴンRなど最多量販車である主力軽自動車をほぼすべてマイルドハイブリッド(S-エネチャージ)化したのをはじめ、1.2LのNAなどではツインインジェクター(デュアルジェット)を採用。

さらに、バレーノでは1L直噴ターボ+6AT、アルトターボRSでは5速AGS(シングルクラッチATM)など、ものすごいペースで新技術を導入している。

そして今度はソリオに来るハイブリッド登場。この全く新しいスズキ独自のハイブリッド、シンプルかつユニークだ。

【広告】


5速AGSと組み合わせているのがポイント

基本的な構成は1.2L直4のK12Cに5速AGSの組み合わせがベース。このミッションの出力軸側に、10kWのコンパクトな駆動モーターが追加されている。

ご存知の通り、シングルクラッチATM最大の欠点は、シフトアップのたびにトルクが途切れて「カックン」となること。

同じMTベースのオートマでも、DCTはクラッチを2組持つことでこの欠点を解消してスムーズなシフトを実現しているが、機構が複雑でコストが高くなる。

ソリオハイブリッドはこの「カックン」となるトルクの谷を、モーターで埋めてしまおうという発想。クラッチを切ってシフトしている間、瞬間的にモーターの駆動力が立ち上がって、シームレスな加速感が持続する。

もちろんそれだけではなく、発進時や加速時にはモーターがエンジンをアシストすることでドライバビリティが向上するし、減速時にはエンジンを止めてバッテリーを回生充電。2km程度の短距離ならEV走行だって可能だ。

発進時には最初の「ひと転がり」にモーターのアシストが入るから、クラッチ制御がすごく楽になっているし、アクセル開度半分くらいまではシフトアップ時のトルク抜けもほぼ気にならないレベルにある。

【広告】


マイルドハイブリッドよりもひとクラス上の走り

また、標準のマイルドハイブリッド仕様はCVTだが、こちらはMTベースなので駆動系にダイレクト感があるのも好ましい。

さすがに全開加速では駆動モーターのトルク(3.1kgm)が不足してトルクの谷が埋め切れなくなるが、実用的には必要十分。制御ソフトの開発は大変だったと思うが、予想以上にスムーズでエレガントに仕上がっている。

もう一つ、ECOモードを選んでおくと信号待ちなどで停止した際にブレーキから足を離してもアイドル停止が持続するのも良かった。

燃費性能はもちろん注目のポイントだが、その辺の静粛でスムーズなところも大きな魅力で、標準のマイルドハイブリッド仕様と比べると、ひとクラス上の高級感がある。

シンプルなメカニズムを上手に組み合わせて、高効率かつ上質なパワートレインを実現したこのソリオハイブリッド。スイフトをはじめとする他車種への展開を期待したいところ。

ソリオハイブリッド

JC08モード燃費:32.0km/L、エコカー減税:免税

MGU(駆動用モーター)を搭載し、シングルクラッチ式AMTのAGSと組み合わせたのが特徴。荷室下に100Vのリチウムイオンバッテリーを搭載し、MGUに電気を供給&発電した電気を充電。エンジン始動にはISG(モーター機能付発電機)を使用する。

ソリオマイルドハイブリッド

JC08モード燃費:27.8km/L、エコカー減税:取得税80%減税/重量税75%減税

ISG(モーター機能付発電機)によって減速時のエネルギーを使って発電し、鉛バッテリーと助手席下のリチウムイオンバッテリー(12V)に充電。加速時にその電力を活かしてISGによってエンジンをアシストするシステム。トランスミッションはCVT。

ソリオハイブリッドとソリオマイルドハイブリッドの比較

ハイブリッド マイルドハイブリッド
モーターアシスト 発進・加速時にMGUで
モーター出力を上乗せ
発進・加速時にISGで
エンジンをアシスト
燃費 モーターのみのEV走行が
可能で32.0km/L
エンジン加速を補助して
低燃費。27.8km/L
走り AGSを採用してダイレクト感ある走りを実現 CVTを採用して
スムーズな走りを実現
室内空間 ソリオ本来のゆとりある
室内空間を確保
ソリオ本来のゆとりある
室内空間+荷室床下収納あり

ソリオ価格

グレード 駆動 JC08燃費
(km/L)
価格
G
2WD 24.8 145万4760円
4WD 22.0 158万1120円
ハイブリッドMX
2WD 27.8 169万5600円
4WD 23.8 182万1960円
ハイブリッドMZ
2WD 27.8 184万1400円
4WD 23.8 196万7760円
ハイブリッドSX 2WD 32.0 191万7000円
ハイブリッドSZ 2WD 32.0 206万2800円
バンディッド
ハイブリッドMV
2WD 27.8 182万5200円
4WD 23.8 195万1560円
バンディッド
ハイブリッドSV
2WD 32.0 204万6600円

スズキソリオ主要諸元

ハイブリッドSV ハイブリッドMZ
ハイブリッドの種類 ハイブリッド マイルドハイブリッド
全長☓全幅☓全高(mm) 3710☓1625☓1745 3710☓1625☓1745
ホイールベース(mm) 2480 2480
車両重量(kg) 990 950
エンジン 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC
排気量(cc) 1200 1200
最高出力(ps/rpm) 91/6000 91/6000
最大トルク(kgm/rpm) 12.0/4400 12.0/4400
モーター最高出力(ps) 13.6 3.1
JC08モード燃費(km/L) 32.0 27.8
エコカー減税
(取得税/重量税)
100/100 80/75
タイヤサイズ(F/R) 165/65R15 165/65R15
価格 204万6600円 184万1400円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加