ボルボXC60T5AWDクラシック 新開発Drive-Eパワートレーンが魅力

「ボルボ XC60 T5 AWD クラシック」は、エンジンを従来の2.5L直列5気筒ターボ+6速ATから、新開発のDrive-E(ドライブ・イー)パワートレーンである2L直列4気筒ターボ+8速ATに変更したモデルだ。

出力およびトルクは、256→245ps、36.7→35.7kgmと減少したものの、ターンパイクの登りを何のストレスもなく駆け上がるパワフルさからは、その影響は感じられない。

フロントノーズの入りも軽快で、1860kgという重量ながら、ワインディングを楽しむことができる運動性能の高さを感じられた。

組み合わされる8速ATは変速ショックを感じることのないスムーズさで、シートの座り心地や、路面を上手くいなしてくれるサスペンションのおかげで乗り心地も良く、街乗りでもロングクルージングでも、同乗者から不満が出ることはまずないだろう。

「電動パノラマ・ガラスサンルーフ」や「12セグ地上デジタルテレビ」などの豪華装備が標準装備されているので、お買い得感の高い1台だ。

  • 開口部の広いチルトアップ機構付電動パノラマ・ガラス・サンルーフにより、優雅な雰囲気を感じながらドライブを楽しめる。
  • 本革シート、HDDナビ、12セグ地上デジタルテレビ、モダンウッド・パネル、フロントシートヒーターなどの上質な装備が標準装備されている。
  • 新開発の「Drive-E」は、JC08モード燃費で2016年モデルのT5 AWDに比べ、+11%となる12.3km/Lを実現した。

【広告】


ボルボXC60クラシック主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4645☓1890☓1715
ホイールベース(mm) 2775
車重(kg) 1860
エンジン 直4DOHCターボ
排気量(cc) 1968
最高出力(ps/rpm) 245/5500
最大トルク(kgm/rpm) 35.7/1500-4800
トランスミッション 8速AT
JC08モード燃費(km/L) 12.3
価格 629万円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加