スポンサーリンク

ボルボV40 D4 ポールスターパフォーマンスパッケージ

記事内に広告が含まれています。

「ポールスター」をご存知だろうか?1996年に創業したポールスター社は、もともとボルボ本社との資本関係はなく、ボルボ車のチューニングやレース活動を行うボルボのオフィシャルパートナーとして誕生した。

ところで、ボルボに乗り換えるなら愛車を下取りに出しますよね。
その前に無料一括査定サイトのカービューで愛車の価格を確認しませんか?
ディーラー下取り価格より高く売って浮いたお金で特別仕様車にしましょうよ!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

最新のクリーンディーゼルもポールスターでスポーティ!

その後、2009年よりオフィシャルパフォーマンスパートナーとなり、今年7月にボルボ本社がポールスター社の株式を100%取得して完全子会社化。ボルボのモータースポーツ活動を担い、また市販車ではスポーツモデルを開発する、いわばボルボワークスなのである。今回、クリーンディーゼルエンジンを搭載するV40D4に用意された「ポールスターパフォーマンスパッケージ」は、ポールスター社が開発した純正ロムチューン。

具体的なチューニングパーツがあって、それを装着すると言うのではなく、ディーラーでコンピューターのファームアップすることでロムの内容を書き換えるだけ、というお手軽だが確実なチューニングアイテムだ。ポールスターの商品だから、当然ノーマル車同様の耐久性が保証され、メーカー保証も受けられる。価格は18万8000円で、「いつでも」ファームアップは可能なので、今乗っている愛車をポールスター仕様にアップデートすることも可能なのが嬉しい。

シャープに、そしてパワフルに変身したクリーンディーゼル

走りだしてすぐにアクセル操作に対するエンジンの反応が敏感になったことに気がつく。ノーマルでもボルボのクリーンディーゼルはスロットルレスポンスに優れる印象を持っていたが、よりダイレクト感が増した印象なのだ。そこからさらにアクセルを踏み込んでいくと盛り上がるトルクに圧倒される。ほんのちょっとだけエンジン音が大きくなったような気もしたが、これはパワーの盛り上がりからくる錯覚かもしれない。特に2000rpmあたりからのトルクとパワーがノーマルに対しワンランクアップした印象で、山道などで高めのギアをキープしたままグイグイ走っていく。

今回の試乗車はポールスターのロムチューンのみでタイヤもサスペンションも一切変更なしとのことだったが、何故かノーマルD4よりもハードサスに感じた。これはエンジンの太くなったトルクとダイレクト感がもたらす錯覚なのだが車全体がスポーティに進化した印象だったのだ。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ボルボ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました