スポンサーリンク

人気のボルボV40がマイナーチェンジ7月5日発売

かっこいい、安全、手頃な価格の三拍子が揃ったモデルとして2013年2月に日本に導入されたボルボV40は大ヒット。今では日本におけるボルボ車の4割強を占める定番モデルとなっている。

そのV40がデビューから3年半を経過してマイナーチェンジ。見た目の変化は大きくないが、見えざる改良が施されており、ますますその魅力を増してきた。

まずフロントマスクだが、最新のXC90と共通のトールハンマーをモチーフにしたTシェイプのLEDヘッドライトや車種タイプによって異なる4つの新デザインのグリルを採用。また、アルミホイールも各サイズがニューデザインとなって、新しさをアピールしている。

ボルボと言えば高度な安全性が魅力だが、V40マイナーチェンジでも、従来オプションだった歩行者エアバッグを全グレードに標準装備化したのも注目だ。

V40の基本的な構成は3種類で、T3は1.5Lのガソリンターボ、D4は2Lのディーゼルターボ、T5は2Lのガソリンターボを搭載し、全て新世代パワーユニットDrive-Eの直列4気筒。

これにキネティック、モメンタム、インスクリプションの3つのバージョンと、クロスカントリーにはサマムも加えたグレード構成に変更された。

なお、最上級のV40INスクリプションとV40クロスカントリー・サマムは本革シートとモダンウッドパネルが標準装備となる。

歩行者、自転車も検知できる自動ブレーキも全車標準で、価格は339万~459万円。最廉価モデルで15万円の価格上昇となったが、それ以上に装備と内容が充実した。

 

【広告】


ボルボV40マイナーチェンジのポイント

  • TシェイプのLEDヘッドライトを採用し、フロントマスクを変更
  • 歩行者エアバッグを全グレードに標準装備
  • 5色のニューカラーと2種類のシートバリエーションを設定
  • スペックに変更はないが、走りは大いに進化している

NEW V40価格

グレード エンジン 価格(消費税込み)
V40 T3 キネティック
直4、1.5L直噴ガソリンターボ
(152ps/25.5kgm)
339万円(6速AT)
V40 T3 モメンタム 384万円(6速AT)
V40 T3 インスクリプション 414万円(6速AT)
V40 D4 キネティック
直4、2L直噴ディーゼルターボ
(190ps/40.8kgm)
364万円(8速AT)
V40 D4 モメンタム 409万円(8速AT)
V40 D4 インスクリプション 439万円(8速AT)
V40 T5 R-DESIGN 直4、2L直噴ガソリンターボ
(245ps/35.7kgm)
455万円(6速AT)

NEW V40 クロスカントリー価格

グレード エンジン 価格(消費税込み)
V40 クロスカントリー
T3 キネティック
直4、1.5L直噴ガソリンターボ
(152ps/25.5kgm)
354万円(6速AT)
V40 クロスカントリー
D4 キネティック
直4、2L直噴ディーゼルターボ
(190ps/40.8kgm)
379万円(8速AT)
V40 クロスカントリー
D4 モメンタム
424万円(8速AT)
V40 クロスカントリー
D4 サマム
454万円(8速AT)
V40 クロスカントリー
T5 AWD モメンタム
直4、2L直噴ガソリンターボ
(245ps/35.7kgm)
429万円(8速AT)
V40 クロスカントリー
T5 AWD サマム
459万円(8速AT)

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ボルボ モデルチェンジ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました