スバルXV 次世代スバルの本格SUV

新型XVが3月7日、ジュネーブショーで世界初公開され、国内仕様の先行予約が3月9日からスタートした。

エクステリアは新型インプレッサ5ドアをベースに、専用グリル、ブラックアウトされた樹脂製パネルがフロントバンパー、ホイールアーチ、サイドシル、リアバンパーに装着され、クロスオーバースタイルに。

さらにXVの二つのアイコン、アルミホイールとPOPなボディカラーについても、アルミホイールは17インチ、18インチ共にデザインを一新、ボディカラーも50~70年代の欧州車にあったヴィンテージなカーキとミリタリーカーキを組み合わせたクールグレーカーキの他、これまでのオレンジをより鮮やかにしたサンシャインオレンジの2色を追加した。

【広告】


都会的でクールなスポカジスタイル

SUV性能はかなり本格派。最低地上高はC-HR(155mm)、cx-3(160mm)を大幅に上回る200mmもあり、4WDシステムもシンメトリカルAWDの走破性をさらに高めるヒルディセントコントロール付きX-MODEがついている(1.6iアイサイトを除く)。

具体的には雪道での発進時、荒れた山道を登坂中にタイヤが空転してしまう状況でも、あらかじめX-MODEのスイッチをオンにしておけば難なくスムーズに走れる。

搭載されるエンジンは先代では2Lだけだったが、今回から1.6Lが追加。パワースペックは1.6Lが115ps/15.1kgm、2Lが154ps/20.0kgmと、インプレッサと同じだ。

新型XVの魅力

スバルグローバルプラットフォームの恩恵を一番受けているのはこのXVです。スポーティーセダンを超える操縦安定性、快適な乗り心地、静粛性などオンロードでの性能の高さはもちろん、オフロードでの走破性も優れるタフなSUVです。

新型XVはスバルの国内市場における主力SUVと位置づけられ、SUVのベンチマークになると考えられています。

足元スペースが26mm広がった後席やゴルフバッグが3個積めるラゲッジの広さ、視界の良さ、最新のアイサイトVer3などアピールしたいところはたくさんありますが、一番言いたいのはNASVAのJNCAP大賞を狙えるレベルの衝突安全性を持っていることです。

価格予想

  • 1.6iアイサイト:213万8400円
  • 1.6i-Lアイサイト:224万6400円
  • 2.0i-Lアイサイト:248万4000円
  • 2.0i-Sアイサイト:267万8400円

ちなみにHVは来年以降になりそうだ。

ボディカラー

  • クリスタルブラックシリカ
  • クリスタルホワイトパール
  • ダークブルーパール
  • クォーツブルーパール
  • サンシャインオレンジ
  • クールグレーカーキ
  • ダークグレーメタリック
  • アイスシルバーメタリック
  • ピュアレッド

【広告】


スバルXV 1.6i-Lアイサイト主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4465☓1800☓1550
ホイールベース(mm) 2670
車両重量(kg) 1410
エンジン 水平対向4気筒DOHC
排気量(cc) 1599
最高出力(ps/rpm) 115/6200
最大トルク(kgm/rpm) 15.1/3600
JC08モード燃費(km/L) 16.2
予想価格 224万6400円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加