レクサスLS500h 今秋フルモデルチェンジ?

レクサスというよりも日本全体でのフラッグシップモデル新型LSのハイブリッドモデルがジュネーブで初公開された。

今年のデトロイトショーでV6、3.5Lツインターボ搭載のガソリンモデル、LS500は既に公開されていたが、今回はそれに続くハイブリッド車のLS500hがベールを脱いだ。

500hのパワーユニットはV6、3.5L DOHCの2GR型にモーターを組み合わせたTHSⅡの進化版となる「マルチステージハイブリッドシステム」で、一足先にデビューしたクーペモデルのLC500hに採用されたものと同じ。そのシステム出力は359psを発揮する。EVモードでの最高速は140km/hに達するという。

THSⅡでは二段変速機を採用していたが、マルチステージハイブリッドシステムでは新たに2つのモーターを使った電気式無段変速機に4段自動変速機構を組み合わせ、パワーと燃費の両立を図っている。

このユニットの採用により、現行型LS600hのV8、5L DOHC+モーターはなくなり、V6メインにダウンサイジングされる見込み。フルモデルチェンジは今秋を予定。

  • リアホイールアーチ下にあるハイブリッド車を表すエンブレムで500hだと判別できる。伸びやかなクーペルックのシルエットが新型LSのエクステリアの大きな特徴だ。
  • 注目のパワートレーンは先にデビューするクーペモデル、LC500hに搭載されたマルチステージハイブリッドシステムを踏襲する。V6、3.5LDOHCにモーターを組み合わせ、そのシステム出力は359psとなる。システム的にはTHSⅡの進化版となるのだが、EVモードでの最高速も140km/hに達するという。
  • 全体的にダウンサイジング化される新型レクサスLSでは、現行型にあるV8モデルはなくなる可能性が高い。

【広告】


新型レクサスLS550h予想諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 5235☓1900☓1450
ホイールベース(mm) 3125
車両重量(kg) 2200
エンジン V6DOHC+モーター
システム出力(ps) 359
エンジン最高出力(ps/rpm) 299/6600
エンジン最大トルク(kgm/rpm) 35.5/4900
予想価格 1400万円~
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加