スバルハイブリッド技術は新型フォレスターで登場 東京モーターショー

前回の東京モーターショーに出展されたヴィジヴコンセプトが今回の東京モーターショーで新型フォレスターとしてスバルブースの注目の1台となる。

基本となるのは現行型インプレッサから採用された新開発プラットフォームSGP。

幅広い車種展開を念頭に開発されたプラットフォームで、最低地上高の高いフォレスターへの展開も当初から予定されており、ダブルウィッシュボーンリアサスペンションも取り付け位置が高くなることを想定した構造となっている。

注目のパワートレーンだが、いよいよ本格的ハイブリッドが搭載されることになる。

前回ショーモデルのヴィジヴコンセプトではスバル独自開発のハイブリッドシステムが搭載されるとされていたが、結論から言えば、新型フォレスターのハイブリッドはトヨタの技術供与により開発されたTHSをベースとしたシステムとなる。

水平対向4気筒1.6Lターボエンジンに縦置き用THSが組み合わされ、後輪は独立したモーターで駆動するeAWD方式を採用する。

またモーターでの航続距離を伸ばしたプラグインハイブリッドモデルも設定される計画だ。

縦置き用THSはクラウンなど既に市販化されているが、水平対向エンジンとの組み合わせはもちろん前例がない。

しかもこれまでTHSはNAエンジンとのみ組み合わせのみで、それはマツダへの技術供与で生まれたアクセラハイブリッドも同じ。

スバルとしては1.6LターボエンジンとTHSのマッチングが開発の肝となっており、苦労したポイントだと言う。

燃費はJC08モードで30km/Lに迫る模様。

新型フォレスターにはこのハイブリッド以外にもコンベンショナルな水平対向4気筒1.6Lターボ、2Lターボなども用意される。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加