スバル レヴォーグ&WRX S4 3年目のビッグマイナーチェンジ

6月5日ティザー開始、7月3日発表、8月7日発売

2014年6月にデビューしたレヴォーグ、3回目の年次改良となる今回のD型は大掛かりなもの。まずはエクステリア。

コの字型のステアリング連動LEDヘッドランプやフォグランプベゼル、グリル、バンパーのデザイン、新意匠の18インチホイールなどでワイド&ロードを強調する。

インテリアではナビが7インチから8インチに、ドアスイッチやセンターコンソール、エアコンパネルなどの形状も変更され、マルチファンクションディスプレイが4.3インチから5.9インチに変更。

走行性能に関しては、静粛性や操縦安定性、乗り心地を向上。さらに1.6GTアイサイトのCVTにオートステップ変速制御を採用(現行は2Lのみ)した他、ブレーキペダルを離しても車両停止状態が保持するオートビークルホールドを初搭載。

今回のレヴォーグからバージョン4に当たるアイサイト・ツーリングアシストが搭載される点にも注目。

オートクルーズとレーンキープアシストの設定上限が114km/hから135km/hにアップし、渋滞時の操舵支援機能を追加し全車速域で追従クルーズコントロールとアクティブレーンキープ(60km/h以上→渋滞時の0km/h)が使用可能。

さらに後退時自動ブレーキやフロントビューモニター、スマートリアビューモニターまで設定されていると言うから驚き。

STIスポーツはステアリング連動ヘッドランプとフォグランプ回りが変更された他は標準車と同様の変更点だ。

WRX S4もレヴォーグと同時にマイナーチェンジされ、足回りの改善、フェイスリフトや新意匠の18インチホイールの他、インテリアの変更、進化版アイサイトなどはレヴォーグと同様の変更。

価格はレヴォーグ、WRX S4共に2万~10万円の価格アップとなっている 。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加