高速道路の最高速度が110km/hに!その区間は?

警察庁は昨年3月、高速道路の一部区間の最高速度を現行の100km/hから段階的に120km/hに引き上げる方針を決めた。

その約半年後の10月13日、静岡県の新東名高速道路と岩手県の東北自動車道の一部区間を対象に、2017年度中を目処に最高速度110km/hへ試験的に引き上げると発表。

最高速度引き上げの対象となるのは、設計上の最高速度が120km/hでカーブが緩やかな片側3車線の事故発生が少ない区間に限られる。

今回、最高速度が引き上げられるのは、

  • 新東名高速道路の新静岡IC~森掛川IC間の上下線約50.5km区間
  • 東北自動車道の花巻南IC~盛岡南IC間の上下線約30.6km

特に、新東名高速道路の試行区間は片側3車線の割合が多いことから、有識者懇談会において、標準的な2車線の高速道路に比べ、死傷事故率が3割程度低いと評価されているという。

一方で大型貨物車などの規制速度は現状通り80km/hとする方針。警察庁によると、今回の試行区間と同様に設計速度が120km/hの区間は関越自動車道、常磐自動車道、東関東自動車道、東名高速道路、九州自動車道にも存在しており、距離にして834.3キロにのぼる。

120km/hに引き上げるのには2~3年はかかりそうだ。

高速道路の速度規制、とりあえず100km/hだったわけですが、現実にはそんなスピードで走っている車は殆どいないですよね。

トラックは会社の看板で走っているので80km/hを馬鹿正直に守ってますが、普通車はだいたい制限速度オーバーで走ってますから。

実情に合わせるということなんでしょうけど、どういうわけで今なのか、それはよくわからないんですが。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加