ホンダN-BOX 8月下旬デビュー

モデル末期の今の好調に売れているN-BOXだが、8月下旬にフルモデルチェンジ。新型は最新の予防安全装備「ホンダセンシング」を採用するのが最大のポイント。

「ホンダセンシング」はミリ波レーダー+単眼カメラで事故を予防するもので、現在のN-BOXに搭載されている緊急自動ブレーキが30km/h以下でしか使えないのに対し、こちらは80km/hまで対応。

また、歩行者も検知するので安全性は大きく向上する。

標準仕様とカスタムが用意され、一部公開された写真の通り、標準仕様は「丸目」、カスタムは「ツリ目」のイメージとなるのが特徴。

また、エンジンや足回りなどは一新されるという情報もあり、大いに気になるところだ。

圧倒的な室内の広さが人気だけに、次期型もここに磨きをかけてくるのは確実。限られた寸法で居住性をどう進化させるのか、ホンダ開発陣の手腕が注目される。

  • 次期N-BOXはヘッドライトの周囲を丸く彩る発光器が特徴的。フロントグリルは現行型のイメージを継承。
  • カスタムはツリ目のイメージとして差別化を図っている。センタータンクレイアウトを採用したいNシリーズ用の新開発プラットホームを改良するとともに、S07A型エンジンは全く新しいものに変わるという情報もある。これにより動力性能と燃費性能が共に向上するという。
  • 老若男女にウケるかわいすぎないデザインもN-BOX人気の秘密。その長所は次期型に受け継がれる。
  • 最新の予防安全装備「ホンダセンシング」を新たに採用することで安全性が飛躍的に向上する新型N-BOX。現行型がモデル末期となっても人気だけに、逆に2代目のアピール力が重要になるが、ホンダセンシング以外の魅力をどうを作り上げるかが重要だ。

【広告】


新型N-BOX予想スペック

全長☓全幅☓全高(mm) 3395☓1475☓1780
車両重量(kg) 950
エンジン 658cc、直3DOHC
最高出力/最大トルク(ps/kgm) 58/6.8
JC08モード燃費(km/L) 27.0
トランスミッション CVT
予想価格 150万円(ホンダセンシング付き)
デビュー時期 2017年8月下旬
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加