ヴォクシー/ノア/エスクァイアがオーダーストップ

ヴォクシー/ノア/エスクァイアが6月19日にオーダーストップ

ヴォクシー/ノア/エスクァイアは7月3日にマイナーチェンジしますが、これに先立ち、従来モデルは6月19日付けでオーダーストップし、在庫一掃セールに入ります。

新シリーズはその直後から価格を決め、事前予約を開始する見込みです。

従来モデルは廃止となる特別仕様車を含めて30万円以上も値引き販売するため、狙い目となっています。

ただ、今後選べるグレードやボディカラーが日を追って限定される方向にあります。

3姉妹車の在庫レベルはほぼ同様で、まだたっぷりある状況です。そのため、6月下旬~7月上旬は新旧モデルの併売状態となります。

・ヴォクシー/ノア/エスクァイアは、新型の日産セレナに対抗するため7月3日にマイナーチェンジする予定。現行モデルは大幅値引きでお買い得になっている。

ルーミー/タンクが絶好調の売れ行きで3ヶ月待ち

ダイハツからOEM供給を受けてトヨタ全系列店で販売しているコンパクトトールワゴン「ルーミー/タンク」が絶好調の売れ行きで、両モデル合わせて月販1万台規模をコンスタントに販売していて、生産が追いつかず3ヶ月待ちの状況になっています。

4月の登録実績はルーミー5852台、タンク5041台、合わせて1万893台。

銘柄別登録ランキングはルーミー8位、タンク11位で、ルーミーが初めてベスト10入りを果たしました。

売れ筋は両モデルとも中間グレードで安全装備「スマートアシストⅡ」付きのGSとなっています。

なお、本家のダイハツブランド「トール」も4月は1609台を登録し、これまでの最高実績を達成しています。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加