トヨタスポーツカー戦略 FRハイブリッドスポーツカーコンセプト

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰

本格的に稼働するトヨタスポーツカー戦略

トヨタのスポーツカー戦略がますます本格的に動き始め、その一端をお披露目するのが今年の東京モーターショー、10月25日のプレスデー。

今年4月1日の組織改編でトヨタ自動車車内に誕生した「GAZOO Racingカンパニー」は、モータースポーツ活動を主導する一方、そこから得た知見をフィードバックした市販車両の開発も行う社内カンパニー。

カンパニー名の頭文字をとった「GR」ブランドで展開する既存車両をベースとしたスポーティーチューニングモデルのイメージが強いかもしれないが、それと並行してスポーツモデルの開発もGRカンパニーの重要な仕事となる。

【広告】


FRスポーツカーは東京モーターショーの目玉

トヨタが今年の東京モーターショーの目玉としてサプライズ出展するコンセプトカーは、ズバリ、次期型86とも言える、ミドルサイズのFRスポーツカーだ。

前回、2015年の東京モーターショーでトヨタは、「スポーツカー大・中・小」の小に当たるS-FRを発表した。

S-FRは前回ショーの後一時期開発凍結が伝えられた時期もあったが、現在は市販化に向けて開発が進行中。

一方「大」はBMW Z4/5とプラットフォームを共用しながら開発され、年明けのデトロイトショーでお披露目される計画の新型スープラだ。

となると、残されたのは「中」つまり、86の次期型である。

電動化時代を見据えたハイブリッド化は必須で、レクサスLCにも採用された4速ATを組み合わせたマルチステージハイブリッドをスバル製水平対向4気筒2Lエンジンと組み合わせる。

水平対向エンジンを搭載することからも分かると思うが、プラットフォームはスバルの新世代SGPをベースに共同開発されたものを使用する。

トヨタのハイブリッドシステムとスバルのエンジン/プラットフォームの組み合わせは、次期型フォレスターをはじめとするスバル車ハイブリッド化に向けた開発との同時進行で実現できたものでもある。

現時点では詳細スペックは未定ながら、ボディサイズは現在の86に近いものとなり、ドライビングの楽しさを感じさせるFRスポーツとなる。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加