トヨタスポーツカー戦略 スープラ、S-FRⅡ、カローラGTI

GRガレージ展開のキーとなるスポーツカー大中小のラインアップを拡充する。トヨタが積極的に進めるスポーツカー戦略

NEWスープラ コンセプト

BMWZ5がフランクフルトで発表に続き、トヨタスープラは東京でワールドプレミア

BMWとの協業により開発が進められる新型スープラと言われるトヨタのスポーツカーがいよいよ今年の東京モーターショーでベールを脱ぐ。

東京モーターショーに先立つ9月に開催されるフランクフルトショーでプラットフォームを共用として開発されているBMWのZ5がデビューする予定で、引き続き開幕する東京でスープラがデビューすることでトヨタ☓BMWの協業が一気にかたちになって世に出ることになる。

このプラットフォームがキモで、i3やi8で培ったBMWのCFRP技術が惜しみなく投入され、軽量化と高強度を両立している。

協業という両車が共にするのはプラットフォームのみで、エンジンはBMWが直4と直6を搭載するのに対しトヨタは直4とV6の二本立て。また、内外装などもそれぞれオリジナルとなる。

ボディサイズは全長4380mm、全幅1860mm、全高1295mmでホイールベースは2480mm。サイズ感としてはNSXよりもコンパクトで引き締まったショートホイールベーススポーツカーのイメージだ。

搭載される直4、2Lターボエンジンはクラウンなどに搭載される8AF-FTSをベースに最高出力255ps仕様と200ps仕様を設定。

さらに開発呼称943Fと呼ばれる340psを発揮するV6、3Lターボがトップレンジ用として用意されることになるが、ハイブリッドモデルは当面設定されないというが、将来的には4AT組み込みの新開発ハイブリッド用トランスファーを組み合わせた2.5Lハイブリッドが設定されるだろう。8速ATが組み合わされ、3ペダルMTの設定はない。

【広告】


S-FRⅡ

市販化に向けての開発進行中。小型FRでエントリースポーツの魅力満載。

トヨタスポーツカー戦略の「草の根」を支えるのがコンパクトFR、前回2015年の東京モーターショーに出展され注目を浴びたS-FRだ。

トヨタでは今、「AREA86」に代わるスポーツカーの拠点としてGRガレージの整備を進めているが、将来的にはトヨタスポーツカーブランドとして展開して行きたい構想。

単なるショップインショップでGRMNバージョンを扱うというのではなく、スポーツモデル全般を扱う拠点として育てていきたいという狙いがある。

そのためにもスポーツカー大中小のラインナップが不可欠で、それについては86の開発リーダーを務めた多田スポーツ車両開発統括部長もその重要性を認めている。

そのためにも150万円以下の価格で手軽に乗れるスポーツカーがなければ将来的な展開は望めない。

そうした戦略を受けて今年の東京モーターショーに出展されるS-FRは、より市販化を視野に入れた内容へと進化を遂げることとなる。

具体的には1.5L、直4エンジンを縦置きとして3ペダル6速MTを介して後輪を駆動するという基本パッケージに変更はないが、内外装を来年中の市販を目指してより現実的な造形、材質とする。

パワートレーンについては、C-HRにも搭載された直4、1.2Lターボを縦置き化して搭載するという方向性も検討されているとの事。

S-FR主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 3990☓1695☓1320
ホイールベース(mm) 2480
エンジン 直4DOHCターボ
排気量(cc) 1197
最高出力(ps/rpm) 116/5200~5600
最大トルク(kgm/rpm) 18.9/1500~4000
トランスミッション 6MT
予想価格 150万~180万円

【広告】


カローラGTIコンセプト

250psの2L、直4ターボでカローラの走りをピリリと引き締める。

昨年50周年を迎え、今年フルモデルチェンジで12代目となるカローラ。12代目ではTNGAを取り込んだプラットフォーム&パワートレーンにより、世界のベンチマークとして存在するVWゴルフを上回るトータル性能を追求することが開発目標。

その端的な現れとして5ドアハッチバックモデルにGTIとも呼べる2Lターボモデルを設定。8AR-FT型エンジンは最高出力250psにまで高められ、それに合わせてシャシーチューニングも大幅に高められる。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加